コンタクトレンズなら全国160店舗、
会員数250万人のコンタクトレンズ専門店
コンタクトの泉

2WEEKのコンタクトレンズ!種類と装用時間の比較 (16011415)

ワンデーや2WEEK、1monthなどコンタクトには使用期間別に様々な種類があります。

自分にはどの期間が適しているかわからない方は、一度2WEEKでどれくらいの頻度でコンタクトを使用するかを確認してみる事をお勧め致します。

コンタクトレンズを選ぶ際にレンズの特徴を見て選ぶ方も多いと思いますが、そのなかでも比較してほしいのが含水率と酸素透過係数です。 これらの数値が高いほど眼に優しいコンタクトレンズといえます。

また、コンタクトを装用する頻度なども計算しながら自分に合うコンタクトを選びましょう。



大体1日何時間くらいコンタクトを装用しますか?

学生なら、1日45分の6時間授業の場合、4.5時間となりお昼休みや部活などでもコンタクトを装用するのであればその時間を足す事で装用時間の目安が分かります。


週に2~3回しか装用しない、1日に2~3時間しか装用しない場合は、不要になったらすぐはずせる事や洗浄する手間がないワンデーが良いかもしれません。


毎日7~8時間程度コンタクトの装用を行う場合は、長い目で見た時にコスパ的にも2WEEKがお勧めです。

最初は2WEEKのコンタクトで週何回程度、一日何時間程度装用するのかを試してみても良いかもしれませんね。



2WEEKのコンタクトの含水率と酸素透過係数を比較!

コンタクトレンズの付け心地や眼の健康のために重視してほしい商品の特徴は含水率と酸素透過係数です。

現在(2015年)取り扱っている2WEEKコンタクトレンズのなかでも含水率と酸素の浸透率が優れている

「バイオフィニティ」「フレッシュフィットコンフォートモイスト」「エアオプティクスアクア」を

比較してみました。


バイオフィニティは含水率が48%、酸素透過係数は160

フレッシュフィットコンフォートモイストは含水率が36%、酸素透過係数は130

エアオプティクスアクアは含水率が33%、酸素透過係数は138


このように比べてみると、バイオフィニティが含水率と酸素浸透率ともに1番数値が高いと言えます。

しかし、それぞれデザインも異なるので、付け心地には個人差があります。

ですので、眼科に行って自分の眼に合うものを選んでもらうと良いでしょう。



【関連記事】

1DAYのコンタクトレンズはどう選べばいい?特徴や種類について

短期間で交換する使い捨てコンタクトレンズとは




==================================================

初めてご利用の方・継続でご利用のお客様向けのお安いWEB限定割引クーポンはこちら


==================================================


▶コンタクトレンズTOPへ

カテゴリ

店舗を探す