コンタクトレンズなら全国160店舗、
会員数250万人のコンタクトレンズ専門店
コンタクトの泉

コンタクトレンズのワンデーと2weekの違いとは?どっちがおすすめ?

使い捨てコンタクトレンズのワンデータイプと2weekタイプなどの定期交換タイプ、どちらが自分に合っているのか分からないという方は多いのではないでしょうか。 価格の違いだけでなく、個人のライフスタイルによっても使い勝手は変わってくるので、どちらが自分に合っているかを知っておくと良いと思います。

今回は、その2種類を比較してご紹介します。

使い捨てコンタクトレンズには様々な使用期間のものがありますが、ワンデータイプのものと2weekタイプのものが比較的多いです。それぞれの違いについておさえておきましょう。



ワンデータイプと2weekタイプの違いとは?

まず、ワンデータイプと2weekタイプの違いを挙げて比較していきます。


【使用期間】

 ワンデー:1日で使い捨てる

 2week:1枚のレンズを2週間、洗浄と消毒をしながら使う


 ワンデータイプのコンタクトレンズは1日で使い捨てるのに対し、2weekタイプのコンタクトレンズは同じ

 ものを2週間、洗浄と消毒をしながら使い続けます。

 そのため面倒に感じてしまうこともあるかもしれません。

 

 ワンデータイプは毎日新品を使うことになるので洗浄の必要がない上に、とても衛生的と言えます。

 また、レンズに傷がついても1日で使い捨てられるのでスポーツシーンなどに最適でしょう。


【価格の相場】

 ワンデー:1箱30枚入り(片眼1か月分)で2~3千円くらい

 2week:1箱6枚入り(片眼3か月分)で2~3千円くらい

                                                

 1か月の間、毎日使い続けたと仮定した場合、ワンデータイプは両眼で1か月あたり4~6千円ほどの費用が

 かかります。

 対して2weekタイプは両眼1か月あたり1~2千円ほどの費用となるので、こちらの方がコストパフォーマン

 スは優れています。

 また、ワンデータイプに比べて1箱で3か月分と長く使用できるのも魅力です。



どっちがおすすめ?

個人毎にライフスタイルが違うので一概にこっちがおすすめ!とは言えませんが、それぞれのレンズのおすすめしたいタイプやライフスタイルをまとめたので参考にしてみてください。


ワンデータイプはこんな人におすすめ

 ・洗浄をしないで手軽に使いたい、面倒くさがりの人

 ・決まったシーンでのみコンタクトレンズを使いたい人

 ・スポーツをする人

 ・目の病気などを心配せずに衛生的にコンタクトレンズを使いたい人


 特に、普段の学校や仕事はメガネでもいいけど、週末は思いっきりスポーツを楽しみたいという方にはワンデ

 ータイプがおすすめです。


2weekタイプはこんな人におすすめ

 ・コストを極力抑えたい人

 ・毎日コンタクトレンズを使いたい人

 ・買い直す手間を省きたい人

 ・物持ちのいい人


それぞれのメリット・デメリット

ここからはワンデータイプと2weekタイプのレンズそれぞれのメリット・デメリットを紹介します。

 

ワンデータイプの注意点

「ワンデータイプ=24時間装用できるレンズ」と思われがちですが、実はこれは間違い。

一度ワンデータイプのレンズを外すと菌の繁殖が始まるため、付け直すことができません。

「じゃあ洗浄すればいいんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、ワンデータイプは洗浄したところで二度と使えないので諦めましょう。

万が一外出先でワンデータイプのレンズが外れてしまったときのことを考えて、スペアを持ち歩くことをおすすめします。

 

2weekタイプの注意点

ワンデータイプとは違って、一度外した後も洗浄すれば再使用できるところが2weekタイプのメリットです。

しかし、洗浄が不十分だと菌が繁殖してしまいますので、丁寧に洗うようにしましょう。

また、一度開封してしまった2weekタイプのコンタクトは開封日からカウントして2週間までしか使えません。

たとえ2週間中に1回しか使用していなくても2週間経ったら古いレンズを捨てて、新しいレンズを使用しましょう。

2週間の使用期限をしっかり守ることが、目の健康を維持する秘けつです。

 

ワンデーや2weekタイプのレンズの装用時間

ワンデー、2weekなど使用期間は関係なく、1日装用する時間は決まっています。

一般的には8時間が目安と言われていますが、眼科医に指示された時間を守って装用するようにしましょう。

特にコンタクトレンズを初めて装用する人は短時間から始めることをおすすめします。

 

長時間装用していると目が酸素不足になって充血してしまいます。

角膜を傷つけるおそれもあるので、帰宅したらすぐに外すようにしてください。

また、レンズを装用したまま寝るのは厳禁です。

プールやお風呂での装用は乾燥や水中に潜んでいる細菌による感染を招くおそれがあるのでNGです。

 

このようなトラブルを防ぐためにコンタクトレンズの装用は日中のみとし、帰宅したらすぐに外してメガネで過ごすことをおすすめします。

また、装用時に乾燥や目のゴロゴロ感を覚えたらすぐに目薬を差して、違和感の原因を解消しましょう。

 

今回はコンタクトレンズのワンデーと2weekの違いについてご紹介しました。

ワンデーや2weekタイプのレンズそれぞれに適した場所やシチュエーションがありますので、TPOに合わせて選ぶようにしましょう。

両方持っていると使い分けできるので便利ですよ。


中央コンタクト☆おすすめ商品

メダリストⅡ

 汚れの付着しにくい非イオン性素材を使っています。水分をたっぷり含んだレンズで乾燥しにくく、瞳になじむ自然なつけ心地です。指にのせた時レンズの形が崩れにくいことや表裏が分かりやすいことから、扱いやすいコンタクトレンズです。


バイオフィニティ

 乾燥や不快感の原因となる汚れを寄せつけないうるおいベールで、快適なつけ心地が続きます。酸素をたっぷり通してうるおいをキープし、先端のマルイレンズなので瞳にもやさしいコンタクトレンズです。コストを抑えられる2週間タイプです。


デイリーズトータルワン

 今までのレンズに比べて6倍の酸素を瞳に届け、涙の蒸発を防いでうるおいをキープする、「生感覚」のワンデーコンタクトレンズです。やわらかい素材により、1日に14000回と言われるまばたきによる摩擦を軽くし、目の健康をサポートします。


【関連記事】

コンタクトレンズの種類とタイプ使いやすいのは?

初めてコンタクトレンズを購入したい!種類や価格は?

1DAYのコンタクトレンズはどう選べばいい?特徴や種類について




==================================================

初めてご利用の方・継続でご利用のお客様向けのお安いWEB限定割引クーポンはこちら


==================================================


▶コンタクトレンズTOPへ

カテゴリ

店舗を探す