コンタクトレンズなら全国160店舗、
会員数250万人のコンタクトレンズ専門店
コンタクトの泉

老眼用使い捨てコンタクトレンズの特徴とは?

40歳を過ぎると老眼の症状が出てきて、近くのものがぼやけて見えにくくなったり、目の疲れを感じたりすることがあります。 いずれも、病気ではなく加齢性のもののため心配する必要はありません。 そのようなときは、使い捨ての遠近両用コンタクトレンズを装用することで、近くも遠くも見えやすくなります。

老眼になると、近くのものを見るために老眼鏡を作る方もいるでしょう。 老眼鏡の場合は近くが見えても遠くは見えにくいといったデメリットがあります。 ところが、使い捨ての遠近両用コンタクトレンズなら、遠くも近くもどちらも快適に見ることができます。

 


老眼になる原因と症状は?

40代以降になると老眼に悩まされる人が増えてきます。物を見るときのピントがうまく合わず、目がかすんだり疲れたりするのが代表的な症状です。

 

なぜ老眼は起こるのでしょうか。それは水晶体とその周りにある毛様体筋衰えにあります。私たちは普段毛様体筋で水晶体を厚くしたり薄くしたりしながら、遠くの物や近くの物を見ています。しかし、年齢を重ねると水晶体の弾性力が失われ、毛様体筋の働きが低下して十分な調節ができなくなってしまうのです。

 

●老眼の代表的な症状

老眼を発症すると近くの文字が見づらくなったり、遠くのものと近くのものを交互に見る時にピントがなかなか合わなくなったりします。遠視に近い状態になるため、老眼を遠視と勘違いする人もいますが、このふたつは全く違うものです。老眼は水晶体の弾力性の低下によって起こりますが、遠視は遠いところを見る際の屈折異常によって起こります。自分が老眼なのか遠視なのか分からない方は、眼科で医師の処方を受けることをおすすめします。

 

老眼をセルフチェック

老眼をセルフチェックする方法はいくつかあります。まずは人差し指を目の前に立て、少しずつ目から離していきましょう。30cm離したときに初めて指紋が見えるようになったというのであれば、老眼鏡が必要な状態といえます。また、最近小さな文字が見にくいという人や、目を使うと肩が凝るようになってきた人、夕方になると物が見えづらいと感じる人は要注意です。

 

 

話題のスマホ老眼とは

老眼は通常40代以降に発症するものと言われていますが、近年はスマホ老眼を訴える20~30代の若い人が増えてきています。パソコンやスマホなどのモニターを見続ける機会が増えていますが、近くのものを見ようとすると、ピントを合わせようとする目に大きな負担がかかり、毛様体筋がどんどん弱まってしまうのです。

 

また、スマホの画面の小さい文字だけではなく、ブルーライトも目に悪影響を与えると言われています。いずれにしても目に大きな負担がかかってしまうので、スマホやパソコンを使う人は意識しましょう。

 

スマホ老眼を防ぐ方法はさまざまですが、まずは長時間のスマホの使用を控えるよう意識してみてください。仕事でモニターを見る機会が多い人は、1時間に1〜2回程度画面から目を離し、遠くを見つめましょう。モニターを見るときには30cm以上画面から顔を離すと効果的。ブルーライトカットグラスの使用も有効です。

 

目の周りを定期的に温めるのもおすすめ。毛様体筋がほぐれてスマホ老眼の予防につながります。水と油でできている涙がよく混ざり合って乾きにくくなるので、目がシパシパしません。

 

最後に、目に良いアントシアニンが豊富に含まれるブルーベリーやルテインが含まれる緑黄色野菜をたくさん摂ると目の栄養が補われます。



普通のコンタクトレンズと遠近両用のコンタクトレンズの違い

 コンタクトレンズの場合、度数として定められている値はひとつであることが基本です。 しかし、遠近両用コンタクトレンズの場合はそれとは異なり、通常の度数以外に「加入度数」というものが必要になります。 加入度数とは、近くを見るときと遠くを見るときの差を表わしたものです。 そのため、加入度数の数値が大きいほど、度数の差が大きくなるということになります。


遠近両用コンタクトレンズでは1枚に2種類の度数が配置され、近くと遠くのどちらも見えやすい構造になっています。 脳の「同時視」という機能を利用して、遠くと近くを無意識に使い分けられるよう設計されていますので、見え方にストレスを感じることはありません。 コンタクトレンズのメーカーや種類によっても異なりますが、レンズの中央部分が近くを見やすくするための度数になっているものと、中心部に遠くの度数が入っているコンタクトレンズなどがあります。

 


老眼鏡と遠近両用のコンタクトレンズの違い

老眼鏡は、基本的に近くのものを見えやすくするための眼鏡です。 そのため、度数も近くを見るのに適したものになっています。 新聞を読むときや読書をするとき、スマホを見るときなど、近くの文字が見やすくなるのが特徴です。 見え方が微妙に異なるため、数種類の老眼鏡を使い分けるという方もいます。


老眼鏡をかけた状態で遠くを見ると、ピントがぼやけてしまうだけでなく、目に負担がかかってしまいます。 そのため、遠くを見る場合には老眼鏡を外すようにします。

遠近両用コンタクトレンズの場合は、近くはもちろん遠くのものもよく見える構造になっているため、日常的に使用することができます。 特殊なレンズの構造で無意識にピント調節を行えるので、日常的に装用することが可能です。 使用する際に注意が必要ですが、遠近両用のコンタクトレンズに慣れてくれば、車の運転をしたりスポーツをしたりと、遠くを見る機会の多い方でも利用することが可能です。 また、老眼鏡とは異なり外からは裸眼と同じように見えるため、見た目を気にする方にもおすすめです。



老眼用の使い捨てコンタクトの価格はどれくらい?

コンタクトレンズを作る場合、気になることのひとつに価格のことがあります。 使い捨て遠近両用ソフトコンタクトレンズの場合、ワンデー、2 weekタイプなどがあります。 初めてコンタクトレンズを装用するという方や、日常的にではなく、状況に応じて遠近両用コンタクトレンズを装用したい方は短期間で交換できるタイプの方が使いやすいでしょう。

遠近両用コンタクトレンズの価格の目安は、ワンデータイプの両眼を合わせた30日分、2weekタイプは3か月分で、10,000円前後が目安です。
2 weekタイプの方が安くなるため、装用する頻度が高い方は2 weekタイプ、週に数回程度や休日のみ装用するという方はワンデータイプを選ぶと良いでしょう。 ただし2 weekタイプはお手入れが必要となります。 ケアが面倒という方にはワンデータイプがおすすめです。

 


2weekの遠近両用コンタクトレンズのケア方法とは?

 2 weekタイプの遠近両用ソフトコンタクトレンズの場合、装用後は必ずレンズのケアが必要になります。とはいえ、特別なケアが必要なわけではなく、通常のソフトコンタクトレンズと同様のケアで問題ありません。しかし、正しい方法でケアを行わないとレンズに汚れや雑菌が蓄積してしまう可能性があるため、注意が必要です。


MPSと言われる1本で洗浄保存消毒ができるこすり洗いのケアの方法は、まず石けんで洗った清潔な手でレンズを外し、洗浄消毒液をレンズに数滴垂らして20回から30回程度こすり洗いを行います。両面のこすり洗いを行ったのち、同じ洗浄消毒液でレンズをすすぎ、レンズケースに入れて保管します。 疲れているときや時間がないときでも、ケアはしっかり行いましょう。

また、レンズだけでなく、レンズケースのケアも大切です。 ケースは使用後に水道水で洗い、タオルを敷いた上にひっくり返して乾かします。 ケースは1か月半から3か月程度を目安に新しいものと交換しましょう。

今回は、老眼用の使い捨てコンタクトレンズについてご紹介しました。 近くだけでなく遠くも見やすくなる遠近両用コンタクトレンズを装用することで、より快適な日々を過ごしてくださいね。




【関連記事】

 老眼の方におすすめ!遠近両用コンタクトとは?

 遠近両用タイプのコンタクトで近くも遠くもはっきり見よう!

 スマホの使い過ぎでもなる?!老眼とは



==================================================

初めてご利用の方・継続でご利用のお客様向けのお安いWEB限定割引クーポンはこちら


==================================================


▶コンタクトレンズTOPへ

カテゴリ

店舗を探す