コンタクトレンズなら全国160店舗、
会員数250万人のコンタクトレンズ専門店
コンタクトの泉

老眼の方におすすめ!遠近両用コンタクトとは? (15122919_16122605)

老眼の見え方や、遠近両用コンタクトレンズについてご紹介します。遠近両用コンタクトレンズは遠近両用メガネとは見え方も異なり、より裸眼に近い感覚で物を見ることが可能です。そんな遠近両用コンタクトレンズのメリットもご紹介します。

近くを見るときのピントが合わなくなってきた! それは加齢によって水晶体の弾力が失われて起こる「老眼」かもしれません。 今回は老眼の矯正についてご紹介します。

老眼は老眼鏡や遠近両用メガネのほか、遠近両用コンタクトレンズを着けることで矯正できます。



もしかして老眼かも!?老眼の見え方や症状は?

眼の中には水晶体という組織が含まれています。 水晶体は見るもののピントを合わせるための組織で、遠くの物を見る時はレンズの厚みを薄くして、近くの物を見る時はレンズの厚みを増やしてピントを合わせています。

しかし、年齢とともにその弾力性が衰え、ピント合わせがスムーズに行えなくなってしまいます。 そのために近くの物がぼやけて見える現象を、「老視(老眼)」といいます。


主に40代以降にみられるもので、近くのピントが合わなくなるほか、明るいところでは見えるものが薄暗いと見えにくくなるのも特徴です。 このような症状を感じたら、眼科を受診し、老眼検査をしてもらいましょう。

老眼の矯正には、老眼鏡や遠近両用メガネ、遠近両用コンタクトレンズなどを使用します。

これによって、近くや遠くの物が見えやすくなり、目の疲れも軽減できます。



遠近両用コンタクトレンズとは?

遠近両用メガネとはどういうものなのでしょうか。

遠近両用メガネは、レンズの上の方で遠くにピントを合わせて、下の方が近くにピントを合わせるレンズというように分かれているので、遠くのものを見る時は上に視線を向け、近くのものをみるときは視線を下げる必要があります。


しかし、遠近両用のコンタクトレンズはその必要がありません。

コンタクトレンズの種類によって作り方が色々ありますが、例えば、中心部が遠く用の度数、その回りが近く用の度数という構造(中心部が近く用の度数のものもあります)になっていて、脳のはたらきを利用して、ピントを合わせることができます。 そのため、遠くのものを見る時も近くのものを見る時も、まるで裸眼で見ているかのように同じ目線で見ることができます。


遠近両用コンタクトレンズは特別な仕様のため、通常のコンタクトレンズよりも高価です。近視や遠視にのみ対応したコンタクトレンズに比べて、およそ1.5倍程度の費用がかかります。

とは言え、遠近両用コンタクトレンズを装用すれば、自然にピントを合わせられるので、一度試してみる価値はあります。特に、遠近両用メガネだと目が疲れてしまうという方には遠近両用コンタクトレンズがおすすめです。



近視の老眼と遠視の老眼

 

老眼の場合、主に近くのものが見えにくくなったり、ぼやけたりするという症状が一般的です。 度々言われるのは、「近視の人は老眼になりにくいのではないか」ということです。


確かに、近視の人の場合はもともと遠くのものが見えにくいため、近くのものは遠くに比べると見えやすい傾向にあります。 しかし、だからといって近視の人が老眼になりにくいわけではありません。 老眼はあくまで目の老化現象です。 そのため、近視であっても老眼になることはあります。 近視の場合、老眼の症状が出てくると、コンタクトレンズやメガネを使用していても近くが見えにくくなるなどの症状が現れます。


遠視の場合は近視の逆で、遠くのものが見えやすく、近くが見えにくいという特徴があります。 遠視は生まれつきのものであることが多く、成長するにつれて治る人もいればそのままの人もいます。 また、遠視でも40歳を過ぎれば老眼の症状が出てくることがあります。 その場合、遠くと近くの両方が見えにくくなるなどの症状が現れます。



メガネとの併用もおすすめ

遠近両用コンタクトレンズを使用する人の場合、同じく遠近両用メガネとの併用もおすすめです。 遠近両用のコンタクトレンズは、レンズの中に近くを見るための度数と遠くを見るための度数の両方があり、自動的にピントを合わせてくれます。


メガネの場合も、近くを見る度数、中間を見る度数、遠くを見る度数など、ひとつのレンズの中に複数の度数が入っていますが、メガネの方が、それぞれの見え方がくっきりするという人もいます。 また、ある程度の年齢になってからコンタクトレンズの装用を開始すると、はじめのうちはなかなか慣れなかったり、疲れを感じたりしてしまうこともあります。


例えば、車の運転をするときや休日などはメガネで、仕事やスポーツをするときなどはコンタクトレンズにするなど、使い分けてみても良いでしょう。 「メガネは似合わないから掛けたくない」という人でも、人前に出るときはコンタクトを装用することで、裸眼と同じ状態で過ごすことができます。


今回は、遠近両用コンタクトについてご紹介しました。 老眼の症状を緩和し、見えやすくしてくれる遠近両用コンタクトを活用してみましょう。



【関連記事】


コンタクトをはずしたあと、視力が下がったように感じるのはなぜ?

乱視の方もこれで安心!乱視用のコンタクトとは?

コンタクトレンズとメガネを比較しよう!



==================================================

   初めてご利用の方・継続でご利用のお客様向けのお安いWEB限定割引クーポンはこちら

 


==================================================


▶コンタクトレンズTOPへ

カテゴリ

店舗を探す