コンタクトレンズなら全国160店舗、
会員数250万人のコンタクトレンズ専門店
コンタクトの泉

乱視かもしれない?矯正したら治るの? (16031501)

アルファベットや数字が何となく見えにくい、パソコンの文字が見えにくくていつの間にか目を細めている、暗い場所で光がにじんで見える・・・こんな事に身に覚えありませんか?

もしかしたら乱視が原因かもしれません。

目が見えにくいと、目を細めるなどして何とか頑張って見ようと無理をするため、目に大きく負担がかかります。 目が疲れやすくなるだけでなく、頭痛や肩こりなど体にまで影響が出てくることもあります。

仕事でパソコンを使う人はもちろん、そうでない人でもスマホなどで目を酷使してしまいがちな現代社会。

疲れ目や頭痛の症状がある方は、一度乱視を疑ってみましょう。

乱視を矯正することで症状が改善するかもしれません。



乱視とは?

眼には角膜や水晶体というレンズがあります。

乱視が無い状態というのは、角膜と水晶体で眼に入る光が適度に曲げられて眼の奥で一点に集まります。

例えて言うなら虫眼鏡で光を一点に集めることと同じです。 そのレンズが歪んでいると正しくピントが合わせられなくなり、物が歪んだりぶれたりして見えます。これが乱視の症状です。


乱視の原因となる歪み方は人によって違います。 垂直方向に歪んでいたり水平方向や斜め方向などに歪んでいることや、組み合わさったものもあり、歪み方は千差万別ですので、それぞれその人に合う矯正をする必要があります。


乱視の矯正は、レンズの度数だけでなく、レンズの方向も合わせなければならないため、きちんと眼科医に見てもらい正しいレンズを選ぶことが大切です。 正しく矯正すれば物が2重に見えたりぼやけたりする症状が改善されてクリアに見えるため、それまで目を酷使することで起きていた目の疲れや体の不調は解消されるでしょう。



まとめ

なんとなく体が疲れる、慢性的な頭痛があるといった誰しもが抱えがちな不調の原因のひとつとして、乱視の可能性もあるのです。

放置しておくと体全体の不調にもつながりかねません。 不調に身に覚えのある方は、早目に眼科で診察してもらい、目や体の不快な疲れから解放されて快適な生活を目指しましょう。


乱視に対応したコンタクトレンズもありますので、コンタクト希望の方はその辺も含めて眼科医に相談してみると良いでしょう。



【関連記事】

コンタクトの乱視度数どうやって知るの?

乱視の方もこれで安心!乱視用のコンタクトとは?



==================================================

初めてご利用の方・継続でご利用のお客様向けのお安いWEB限定割引クーポンはこちら


==================================================


▶コンタクトレンズTOPへ

カテゴリ

店舗を探す