コンタクトレンズなら全国160店舗、
会員数250万人のコンタクトレンズ専門店
コンタクトの泉

鍛える・癒す! 実はこんなにあった視力回復のトレーニング法 (16042805)

視力の悪い方にとって、裸眼で生活をするのはもはや夢だという方もいるでしょう。

どんどん視力が悪くなる… これ以上視力を落としたくない!

そんな方のために、今回はさまざまな視力回復トレーニング法についてご紹介します。

パソコンにスマホ、ゲームに本など、現代では目を酷使する環境が増えています。

このような生活環境に影響され、早い段階から視力低下が起きてしまう方も多いでしょう。 目が疲れたと感じたら無理をせずにいたわり、これ以上視力が低下しないように心がけることが大切です。



なぜ視力低下が起こるのか

視力の低下は遺伝と眼球の成長によるものと、生活習慣によるものが多いとされています。

子どもの頃は眼球も小さく、焦点が遠くにある遠視が多いのですが、成長して眼球が大きくなるにつれて焦点が前に合い正視になっていくのは遺伝的なものとされています。


これにゲームやパソコン、テレビや読書などによる生活習慣の環境が加わることで、近視の具合も変化します。 長時間目を酷使すればするほど、個人差はありますが目への負担が強まって近視化がより進んでしまうこともあります。

視力の低下を防ぎたいという人は、目を酷使している生活習慣の見直しをしたり、視力回復のトレーニングなどを試してみてはいかがでしょうか?



視力回復のトレーニング法

具体的な視力回復の方法は、目にある毛様体筋、また外眼筋という筋肉を鍛えると良いとされています。

目を酷使して近くばかりを見ていると、焦点が近いまま筋肉がこわばって戻りにくくなり、一時的に近視になっていきます。


強張りを防ぐためには、視力回復のトレーニングを始める前に温めたタオルを目にあて、目の周りのツボを押して筋肉をほぐしてから始めると良いでしょう。

加えて、顔を動かさずに目を上下左右に動かす、遠くと近くを交互に見るなどの方法があります。 ネットやアプリでも訓練することができます。


また、目で見た情報は脳で認識されるため、見たものをうまく情報処理させるために脳のトレーニングをすることも効果的といわれます。

眼の水晶体などにあるルテインなどの重要な栄養素も、ブルーベリーや卵黄、ほうれん草などで摂取できるので、積極的に摂るようにしましょう。


一時的な近視(偽近視)を回復させるためには、筋肉を鍛える視力回復のトレーニングに加えて、ツボ押し、温め、栄養を摂ることで、目の筋肉を柔らかく動かせることを心がけても良いかもしれません。



【関連記事】

視力が落ちてしまう原因と症状の回復方法について

コンタクトをはずしたあと、視力が下がったように感じるのはなぜ?

コンタクトレンズの購入できる年齢って制限されているの?

  


==================================================

初めてご利用の方・継続でご利用のお客様向けのお安いWEB限定割引クーポンはこちら


==================================================


▶コンタクトレンズTOPへ

カテゴリ

店舗を探す