コンタクトレンズなら全国160店舗、
会員数250万人のコンタクトレンズ専門店
コンタクトの泉

目に疲れが出てくる・・・それってコンタクトレンズが原因なの? (16101702)

コンタクトレンズを装用して、長い時間パソコンで仕事をしたり、読書やゲームをしていると、目がぴくぴくしたり、かすんで見えたりすることがあります。 こんなときは、目の疲れが原因です。コンタクトレンズと目の疲れについてまとめてみました。

パソコンや読書など近くでものを見続けていると、毛様体筋という筋肉の収縮が長く続くために目に疲れがでてきます。 これは、特にコンタクトレンズが原因というわけではありません。 すでに述べた毛様体筋の疲労のほかに、目の疲れの原因とはなんでしょう。探ってみました。



疲れの原因はさまざま

 睡眠不足やストレスで体が疲れている状態が長く続くと、目の調整力が弱まり目の潤いをもたらす涙の量が減ったり、目の周辺の血流が悪くなったりして目の疲れの原因となることがあります。

たっぷりと睡眠をとって体調が戻ると、目の調整力も回復し涙の量も正常化されるので、目の疲れも解消されていきます。

また、長時間のパソコン作業やスマホを見続ける、という行為もまばたきの回数が減って目の渇きを誘発し、涙の分泌が減り目の疲れの原因となります。 目の疲れを感じる人の約60%がドライアイという報告もあります。

このように眼精疲労の原因はさまざまです。 なかなか目の疲れがとれない方や、目の不調に気が付いた方は眼科で診察をしてもらいましょう。

  


自分の目に合ったコンタクトレンズをつけよう

過矯正も目の疲れの原因となります。 過矯正とは、近視の矯正度数が強すぎる状態のことで、経年変化などにより近視の度数が弱くなり、現在使用しているコンタクトレンズの適正な度数と合わないことを指しています。

過矯正は遠くのものがしっかり見えるように調整されているので、その状態で近くを見ると、目はピントを調整するために必要以上に労力を使います。 このように余計な労力を使うことによって眼精疲労となります。 過矯正による眼精疲労の場合は、適正な度数のコンタクトレンズを装用すれば、目の疲れは解消されます。

  

目の疲れの原因には体調、ストレス、過矯正とさまざまなものが存在します。 疲れの解消には、まず目を休めることです。 コンタクトレンズを早めに取り外し、メガネに付け替えるのも良いでしょう。目の血流を良くするために目の周りをマッサージしたり、目の乾燥を防ぐために室内で加湿器を使用したりすることも効果的ですよ。




【関連記事】

覚えておくと便利!目が疲れたとき、簡単に出来る体操方法

肩こりと目の疲れは関係している?

コンタクトで疲れた目を、様々な症状から守るための方法とは?



==================================================

初めてご利用の方・継続でご利用のお客様向けのお安いWEB限定割引クーポンはこちら


==================================================


▶コンタクトレンズTOPへ

カテゴリ

店舗を探す