コンタクトレンズなら全国160店舗、
会員数250万人のコンタクトレンズ専門店
コンタクトの泉

目のなかがゴロゴロ? コンタクトレンズでよくあるお悩み (16101703)

「なんとなく目に違和感がある・・・」、「目がゴロゴロする」コンタクトレンズを装用しているとき、このような違和感を覚えることはありませんか? そんなときは、レンズのケアが必要というサインかもしれません。 レンズのケアをする際、普段のケアとは別に何か特別なことをしなければならないのでしょうか? ここでは、コンタクトと目のケア方法をご紹介します。

自分のレンズ、正しくケアしていますか?

コンタクトレンズを装用中、突然目に違和感を覚えることがあります。 そんなとき、たいていは目に小さなゴミやまつ毛などの異物が混入したり、コンタクトレンズが汚れたりしていることが原因です。 異物が混入している場合は、まばたきや目薬で大体は解消されますが、コンタクトレンズの汚れによる違和感の場合はケアが必要です。 ケアと言っても特別なケアは必要なく、普段行うべきケアを行うだけです。 その際、適切な方法で行うことが大切になります。


ハードレンズをケアする場合、まずは洗浄保存液や洗浄液などのケア用品を用いて、浸け置き洗いやこすり洗いで洗浄します。 その後、流水ですすぎます。 それでも汚れが取れない場合にはタンパク除去剤などの強力な洗浄を行うというのが基本的な流れです。


一方、ソフトレンズのケアは、こすり洗いタイプのマルチパーパスソリューション(MPS)やつけ置きタイプの過酸化水素やヨウ素などを用いて行います。 MPSを用いる場合、こすり洗いやすすぎをした後、レンズケースに入れて保存します。 過酸化水素やヨウ素などを用いる場合は、消毒液と中和剤を入れたレンズケースにコンタクトレンズを浸して必要な時間放置します。


ケアに使用するレンズケースは、ハードは半年~1年に1回、ソフトは1.5ヶ月~3ヶ月に1回、新しいものに交換してください。最近のケア用品には、レンズケースがセットになっているものが多いのでその都度交換しましょう。


新しいレンズを装用してもゴロゴロするときは?

 コンタクトレンズは眼鏡に代わって視力矯正ができるとはいえ、目にとっては異物でもあります。 買ったばかりの新しいレンズでも、最初のうちはゴロゴロとした違和感があるものです。 その違和感を解消するために、装着液を使用するという方法があります。


装着液を使用するとしないとでは使用感に違いがあります。 装着液を使用すれば、ゴロゴロとした感じやレンズのずれによる不快感を軽減でき、潤いも保てます。 視界のぼやけがあるときは、コンタクトレンズ用の目薬を用いるのも効果的です。 装着液や目薬は、コンタクトレンズの専門店の他に、薬局でも販売しています。 どれを購入すれば良いか分からない場合は、店員に相談して選びましょう。


また、現在ハードレンズを使用している場合は、ソフトレンズに変更してみるのも良いでしょう。 使い捨てのソフトコンタクトレンズは定期的に買い替えないといけないため、費用はかかりますが、ハードと比べると目に馴染みやすく使いやすいと言われています。


最近では、ハードレンズでも違和感の少ないものが発売されていますし、ソフトレンズも潤いが長持ちするものが開発されていますので、自分の目にぴったり合うコンタクトレンズを使用することが大切です。


異物以外の原因とその対処法

レンズにゴミのような異物が付着している以外にも、コンタクトレンズの装用中に目がゴロゴロすることがあります。その理由として、いくつかの原因が考えられます。

コンタクトレンズの装用者にあらわれやすい症状に「ドライアイ」があります。涙が不足することで目の表面が乾燥してしまうことが原因で、目のかすみやかゆみ・充血などの症状があらわれ、目がゴロゴロすることがあります。

特にソフトコンタクトレンズは黒目を柔らかいレンズが覆っている状態のため、レンズが眼球に張りつきやすいという点があります。目のゴロゴロ感が収まらない場合はドライアイの可能性もあるため、いったんコンタクトレンズの装用を中止し、早めに眼科を受診しましょう。

また、コンタクトレンズが入ったブリスターパック自体が汚れていることも考えられます。特に女性は、化粧ポーチにブリスターパックをしまっている場合もあるため、ファンデーションやマスカラなどが付着している可能性があります。その結果、ブリスターパックの汚れが手につき、その手で触れたレンズが汚れてしまい、コンタクトレンズのゴロゴロ感につながることがあります。

コンタクトレンズを装用する際には手を清潔にするだけでなく、ブリスターパックが汚れていないかどうかもチェックしましょう。


外出先でゴロゴロを感じたときの対処法

コンタクトレンズの装用中、外出先で目がゴロゴロしたときに、その場で対処できる方法があります。

例えば目にゴミのような異物が入った場合、ある程度強めに何度かまばたきをすることで、目に入った異物が取れることがあります。コンタクトレンズを外さなくても、これだけでゴロゴロ感が解消されることもあります。

また、コンタクトレンズにそっと触れるという方法もあります。レンズを白目の方へずらしながら黒目を顔の中央へ向け、レンズを元の位置に戻します。その際は目を傷つけないよう、指の腹で優しく触れるようにしましょう。

それでもゴロゴロが解消されない場合は目薬をさしたり、一度レンズを外してチェックしたりするなどの対処を行いましょう。


新しいレンズを装用してもゴロゴロするときは?

コンタクトレンズは眼鏡に代わって視力矯正ができるとはいえ、目にとっては異物でもあります。 買ったばかりの新しいレンズでも、最初のうちはゴロゴロとした違和感があるものです。 その違和感を解消するために、装着液を使用するという方法があります。


装着液を使用するとしないとでは使用感に違いがあります。 装着液を使用すれば、ゴロゴロとした感じやレンズのずれによる不快感を軽減でき、潤いも保てます。 視界のぼやけがあるときは、コンタクトレンズ用の目薬を用いるのも効果的です。 装着液や目薬は、コンタクトレンズの専門店のほかに、薬局でも販売しています。 どれを購入すれば良いか分からない場合は、店員に相談して選びましょう。

また、現在ハードレンズを使用している場合は、ソフトレンズに変更してみるのも良いでしょう。 使い捨てのソフトコンタクトレンズは定期的に買い替えないといけないため、費用はかかりますが、ハードと比べると目になじみやすく使いやすいと言われています。

最近では、ハードレンズでも違和感の少ないものが発売されていますし、ソフトレンズも潤いが長持ちするものが開発されていますので、自分の目にぴったり合うコンタクトレンズを使用することが大切です。


中央コンタクト☆おすすめ商品

オプティフリープラス

快適な装用感を追求し、うるおいやタンパク除去などを考えたMPSタイプのケア用品です。刺激の少ない消毒成分配合で、すべてのソフトコンタクトレンズに対応しています。1本で洗浄からすすぎ、消毒、保存まで行えます。


エピカコールド

「タンパク付着防止」と「タンパク除去」の2ステップで、タンパク汚れからレンズを守ります。また、天然系成分フルーツ酸配合で、レンズの表面に消毒成分が吸着するのを防ぎます。消毒効果とやさしさを追求して生まれたソフトコンタクトレンズ用のケア用品です。


cleadew ファーストケア

高い消毒力を持つポピドンヨードは、浮遊菌はもちろん、ケースに付着した菌に対しても効果を発揮します。タンパク分解酵素を配合しているので、短時間の集中ケアでもレンズの汚れをすっきり洗浄してくれるケア用品です。


【関連記事】

コンタクトレンズを付けている目にゴミが入ってしまった! どうする?

実際はどうなの? ハードコンタクトレンズのつけ心地

健康にも美容にも目の潤いは大事!



==================================================

初めてご利用の方・継続でご利用のお客様向けのお安いWEB限定割引クーポンはこちら


==================================================


▶コンタクトレンズTOPへ

カテゴリ

店舗を探す