コンタクトレンズなら全国160店舗、
会員数250万人のコンタクトレンズ専門店
コンタクトの泉

正しいコンタクトレンズケア方法を知ろう! (15122912)

コンタクトレンズにはソフトタイプとハードタイプがありますが、使用するケア用品やケア方法もそれぞれで異なります。コンタクトレンズを安全に長く使うために、正しいケア用品を選び、正しいケア方法をすることが大事です。

ハードコンタクトレンズとソフトコンタクトレンズではケア(お手入れ)の方法が違います。 それぞれに洗浄液があり、違った液を使用するとコンタクトレンズを痛めてしまうことがあります。

洗浄液にはさまざまなタイプがありますが、それぞれに合った洗浄液を正しく使用しましょう。



ソフトコンタクトレンズのケア方法

現在のソフトコンタクトレンズケア用品は、洗浄、消毒、保存を1剤でできるマルチパーパスソリューションというこすり洗いのものと、消毒剤をつけ置きするものとが主流となっています。 このマルチパーパスソリューションはコンビニなどでも市販されており、旅先で洗浄液を忘れた時でも手軽にケアすることができます。


ソフトコンタクトレンズのケアで注意しないといけないのは、水道水、ハードコンタクト用の液では洗えないことです。 ワンデー用のコンタクトレンズと違い、定期交換タイプのコンタクトレンズは毎日のコンタクトケアを必要としますが、そのケアを怠ってしまうと、レンズが汚れて曇ってくるほか、眼病の原因になることもあります。 ですので、汚れがひどい場合には、マルチパーパスソリューションだけではなく、落としきれないタンパク汚れを落とす専用の洗浄液も合わせて使い、ケアすることが大切です。



ハードコンタクトのケア方法

ハードコンタクトのケアは洗浄と保存が一体となった酵素洗浄液につけ置きするものが多いです。 酵素の力で汚れを落とすので、水でレンズを洗い流してから、液に浸して保存するだけでケアは終了です。 しかし、つけ置いておくだけでは落としきれない汚れもあるので、強力なこすり洗い液を使用すると、より効果的です。



【関連記事】

短期間で交換する使い捨てコンタクトレンズとは

ソフトコンタクトレンズのケア用品の選び方を学ぼう

メイクする時、コンタクトは後?先?

乾いたコンタクトレンズは保存液に浸すことで再利用できるのか



==================================================

初めてご利用の方・継続でご利用のお客様向けのお安いWEB限定割引クーポンはこちら


==================================================


▶コンタクトレンズTOPへ

カテゴリ

店舗を探す