コンタクトレンズなら全国160店舗、
会員数250万人のコンタクトレンズ専門店
コンタクトの泉

間違ったB.Cのコンタクトレンズを購入するリスク

B.Cが自分の目の大きさに合わないものを選んでいる場合があります。 コンタクト使用中に目の違和感や痛みがありませんか?

B.Cが合わないコンタクトが目に与えるリスクについて調べました。


自分のB.Cを知らないまま通販などで適当にコンタクトを購入し使用していると、違和感や痛みで目に負担をかけてしまいます。

眼科でB.Cを検査することが可能なので1度検査してみてはいかがでしょうか?

 

B.Cを測ったことがない人は間違ったコンタクトを買っている?

B.Cとはベースカーブといって、角膜の曲率半径の長さのことを言います。 コンタクトレンズのB.Cが自分の目のカーブに合っていないとコンタクトがずれたり張り付いたりと、痛みを伴う場合があります。

コンタクトを購入する場合はB.Cの合うものを選びましょう。


自分のBCを知るためには、眼科の受診が必要です。 自分のB.Cがわからない、測ったことがない方はお近くの眼科で適切な検査を行って正確な数値を把握してください。


但し、B.Cだけではコンタクトレンズが合っているかが決まりません。

また、眼科によっては検査の結果を教えてくれない場合があります。 これは、処方されるコンタクトレンズ以外の商品には当てはまる数値ではないからでもあります。



数値の見方は?日本人の平均は??

自分に合ったコンタクトレンズを購入するためには数値の正しい見方を理解しておきましょう。カラコンの見方にもコツがあります。 

 

•数値の見方

B.C.はコンタクトレンズのパッケージに記載されています。一般的なコンタクトレンズの場合、どのメーカーでも2~3サイズで展開していますが、最近は平均的な日本人の瞳にフィットするワンサイズのみ展開しているところも少なくありません。自分に合うB.C.を自己判断するのはなかなか難しいので、最初は必ず眼科で診てもらうようにしてください。

 

•日本人の平均

平均的な日本人のB.C.は8.6~8.7mmと言われています。他の国と比べると日本人の眼球は比較的大きめです。もちろんあくまで平均であり、なかには8.3mmという人もいれば8.9mmという人もいます。コンタクトレンズメーカーは日本人の平均に合わせてB.C.8.3~8.9mmのレンズを展開していますが、そのなかでも最も多いのはやはり8.6または8.7mmサイズのものです。

 

•カラコンのB.C.

カラコンも基本的には一般のコンタクトレンズと同じで、8.6~8.7のB,C が主流になっています。 B.C.が合わなければせっかくのカラコンも違和感を覚えたり、ずれたりすることがありますので自分に合うものを選ぶようにしてください。



コンタクトのBCがあっていない場合の目に与える影響を比較

B.Cが合っていないコンタクトをつけると、どういったトラブルがあるのか知っている人は少ないでしょう。

そこで、コンタクトのタイプ別にB.Cが合わない場合の目に与える影響を紹介していきます!


まず、B.Cが合わないソフトタイプのコンタクトの場合は、柔らかいので多少のズレは生じますが装用することができます。 そのためソフトタイプはB.Cの種類が少ないですが多少の違和感があることもあるでしょう。


ハードタイプのB.Cは少しでも違うと目のフィット感に大きく関わってくるため違和感や痛みを伴い、目を傷つけてしまう場合もあります。 その為ハードタイプはB.Cが細かく分けられて用意されています。


カラコンの場合、直径が大きいものもあり、人によっては自分に合う数値でも違和感があったりズレを感じたりすることがあるため、痛みを感じたりしたら使用するのを止めてすぐに眼科の受診をおすすめします。



B.C.が合わないとこんなトラブルも

B.C.が合わないことで、さまざまな目の不調を覚えることがあります。

 

•瞳が充血する

自分の眼よりも小さな B.C.のレンズを選ぶと瞳が圧迫されて目の血管が膨らみ、充血してしまいます。 充血は眼病のもとになるので、合わないようであればすぐに装用を中止しましょう。

 

•目がゴロゴロして不快

これもB.C.が自分の眼よりも小さかった時に起こりうるトラブルです。B.C.が小さすぎることでレンズのフチが瞳に当たり、目がゴロゴロしてしまうことが原因といわれています。 不快感を覚えるのであればB.C.サイズを見直してみてはいかがでしょうか。

 

•瞳がかゆくて落ち着かない

逆にB,C.のサイズが目より大きすぎると、瞳がかゆみを覚えてしまうことがあります。何度も目をこすると角膜が傷ついてしまいますし、目やにもたくさん出るようになるので気をつけましょう。

 

•ドライアイになる

レンズのフチの部分が瞳にあたることで涙を出す部分がふさがれて、涙を流せなくなってしまいます。これが原因でドライアイになる人も少なくありません。

 

コンタクトレンズを選ぶ時は、どうしても度数や使用期間にばかり目が行きますが、B.C.サイズを合わせることも非常に重要です。 自分にマッチするサイズのB.C.を理解しておくことをおすすめします。



中央コンタクト☆おすすめ商品

スーパーソフト

薄さを極めた加工となめらかなカーブにより、まばたき時のまぶたへの負担を軽くしました。汚れに強く乾きにくい素材のレンズなので、視界がすっきりとしてうるおいも保ちます。自然なつけ心地で、最長1週間までの連続装用が可能なソフトコンタクトレンズです。


ブレスオーハードⅡ フィット

東レ独自の「やわらか素材」を使用したハードレンズです。レンズが薄く角膜やまぶたへの負担を軽減するデザインで、目の中でもなめらかに動きます。酸素透過性もアップし、つけ心地が最適なうえに衝撃に強いのが魅力です。


STARRY

非イオン性低含水の素材で汚れがつきにくく、乾きにくいことが特徴です。ダークブラウンをベースにしたドットのデザインは瞳に自然になじみます。着色外径が13mmで、立体感のある印象にしてくれるカラーコンタクトレンズです。


【関連記事】

コンタクト愛用者なら知っておきたい!使用度数と記号の意味

コンタクトの乱視度数どうやって知るの?



==================================================

初めてご利用の方・継続でご利用のお客様向けのお安いWEB限定割引クーポンはこちら


==================================================


▶コンタクトレンズTOPへ

カテゴリ

店舗を探す