コンタクトレンズなら全国160店舗、
会員数250万人のコンタクトレンズ専門店
コンタクトの泉

コンタクトの裏と表をまちがえてつけるとどうなるの? 裏表を見分ける方法とは? (16032312)

使い捨てコンタクトレンズのユーザーが増えていますが、その薄さとやわらかさから、裏表の判断がむずかしいと思うことも多いようです。

裏と表をまちがえて目につけた場合はどうなるのか、そして間違えないような見分け方をご紹介します。

コンタクトの裏表が分からなくなってしまった場合、見分けるポイントを知っておくと慌てずにすみます。 どのような時に裏返しにつけたかもしれないと判断するべきか、裏返し装用で起こる症状も頭に入れて、コンタクトをうまく取り扱っていけるように学んでおきましょう。



コンタクトの裏と表の見分け方

ソフトコンタクトレンズの場合、保存液に浸っているレンズは正常なフォルムで収まっているとは限りません。

まずはケースから取り出す時にそのままの向きでゆっくりとつまみ、適度にやさしく水分を振り落として指に乗せてレンズの裏表を確認します。 裏返ることなく形が保持されていればそのまま目につけましょう。

レンズメーカーによっては「123」など、表から文字が読めるようにマーキングされているものもあります。また、よく見るとエッジがおわん型になっているか、反ったようになっているか違いがありますが、メーカーや製品によっては見分けが難しい場合もあります。

取扱説明書をよく読んで、自分が使用するコンタクトレンズの特徴を知っておくとよいでしょう。

一番見分けやすい方法は、コンタクトレンズをやさしく二つ折りにしてつまんでみて、(このときレンズ中心部より端のほうをつまむのがコツ)そのまま内向きに丸くなじむか、つまんだところから外向きに反発するようになるかの違いで判断します。

ただし、コンタクトレンズの種類によって形状保持率が違うので、薄さとやわらかさを特徴とするレンズほど裏表の見分け方が難しくなります。



コンタクトの裏表を間違えてつけたらどうなる?

コンタクトレンズは角膜のカーブにフィットするよう繊細なデザインに設計されているため、裏返しで着けた場合、着け心地に違和感があることがほとんどです。 具体的には、目がゴロゴロとしたり、痛みが出たり、外れやすくなったりします。
また、当然ながら見え方にも違和感があります。透明なレンズの中心部にレンズの度が入っているので、全く見えないわけではないのがやっかいなのですが、ほとんどの方は気が付くようです。

コンタクトの裏表を間違えたまま装用を続けると、目にキズが入ってしまったり気分が悪くなったりするおそれがあります。

違和感がある時は裏表間違いの可能性も疑って、一度確認をして着けなおすように心がけましょう。 そして正しく着けなおした後も、痛みが残る場合は必ず眼科を受診しましょう。



【関連記事】

初めてのコンタクトレンズも大丈夫!~つけ方と外し方~

初めてのコンタクト・・・どうしても入らない


==================================================

初めてご利用の方・継続でご利用のお客様向けのお安いWEB限定割引クーポンはこちら


==================================================


▶コンタクトレンズTOPへ

カテゴリ

店舗を探す