コンタクトレンズなら全国160店舗、
会員数250万人のコンタクトレンズ専門店
コンタクトの泉

初心者必見!コンタクトレンズについて学んで不安を解消しよう! (16052401)

初めてコンタクトレンズを購入するときは、期待を持つ半面、扱い方が分からない、自分の目に合うのかなどの不安も少なからずあるはずです。

購入前にコンタクトレンズについて知っておき、少しでも不安を解消しておきましょう!

コンタクトレンズにしたい! でも管理や付けた時の使用感、違和感など気になることはたくさんあると思います。 正しいコンタクトレンズの知識を学び安全に使うことで、あなたもきっと快適でスマートな生活が送れるようになるはずです。



コンタクトレンズを安全につけるためには

コンタクトレンズをしようと思ったらまず、眼科へ受診することが先決です。

視力の他にも、乱視や眼圧、目のカーブの角度やコンタクトレンズを付けても大丈夫かどうかなどを細かく検査してくれます。


眼科で検査されたデータに基づいてコンタクトレンズを購入するようにしましょう。


そして当たり前ではありますが、医師に指導された通りにコンタクトレンズを使用するようにしましょう。

例えばコンタクトレンズの付け方・はずし方や、それらの前には必ず手をせっけんで洗うこと、装着時間などです。


また、爪が長いと目やコンタクトレンズに傷を付けてしまう恐れがあるため、爪を短くしておくことも大切です。 安全に使っていくためには、目に違和感が出たときの対処も必要です。

では、どのような違和感や対処法があるのでしょうか?



コンタクトレンズの種類は?

コンタクトレンズには、大きく分けてハードタイプ、ソフトタイプの2種類があります。また、ソフトタイプには、通常のソフトコンタクトレンズのほか、一日で使い切るタイプのワンデータイプ、2weekまたは1monthごとに交換するタイプなどがあり、それぞれの特徴について説明していきます。

 

ハードコンタクトレンズの特徴

ハードタイプの大きな特徴のひとつは、必要な酸素を大量に角膜へ届けてくれ、サイズが小さく目を覆う面積が小さいので、目に優しいことがあげられます。長時間使用する方にはピッタリのタイプ。光学性に優れているので、乱視の人にもおススメで、一般的にソフトレンズよりもクリアな視界を得ることができます。ただ、ソフトレンズと比べると、慣れるのに日数がかかる場合も。レンズの寿命は2~3年と長いのも特徴です。

 

ソフトコンタクトレンズの特徴

名前のとおり、水分を含んだやわらかい素材のプラスチックレンズなので、目になじみやすく、ハードに比べて直径が大きいので、ずれにくいという特徴があります。はじめてコンタクトをつける人にとってはつけ心地のよいソフトタイプの方が使いやすいかもしれません。また外れにくいので、スポーツをする人にもおススメ。ただし、乱視の程度によっては、ソフトタイプでは矯正できない場合もあるので注意が必要です。レンズの寿命は約1年~1年半と、ハードタイプより短くなっています。

また、ソフトコンタクトレンズには、一日で使い捨てるワンデータイプ、2週間で使い捨てる2weekタイプ、1ヵ月で使い捨てる1monthタイプがありますので、コスト面や使い勝手を考えて、自分にあったタイプを選択することができます。

 

 

コンタクトのケア方法

以上のように、ひとくちにコンタクトといってもさまざまな種類があり、ケア方法もそれぞれのタイプによって異なってきます。

 

ハードタイプのケア方法

レンズの寿命が長いので、毎日欠かさずケアをする必要があります。基本のケア方法は、外したコンタクトレンズを水道水ですすぎ、レンズケースに洗浄保存液を入れて、酵素の力によって汚れを落とす「つけ置き洗浄」です。レンズケースも毎日水道水で洗浄し、ケース内の保存液も毎日取り換えましょう。しかし、つけ置きだけの洗浄では、汚れを落としきることはできないので、こすり洗いを併用して行うとよいでしょう。また、毎日の洗浄で落としきれなかった汚れはコンタクトレンズ表面に蓄積して固着してしまうため、定期的に強力なタンパク除去剤を使うと安心です。

                               

ソフトタイプのケア方法

ソフトレンズは汚れのほか、ハードタイプに比べて、雑菌やカビなどが繁殖する可能性があるため、毎日の洗浄と消毒ケアが必要になってきます。レンズの洗浄・消毒・保存が1本で行えるMPS(マルチパーパスソリューション)は、こすり洗いをすることにより、洗浄と除菌を行い、レンズ保存中に残存した雑菌を消毒してくれます。過酸化水素タイプとは、過酸化水素の力によって洗浄・消毒を行うため、熱によるレンズの劣化がなく、高い消毒効果が期待できます。手荒れなどが気になる方、レンズを破損させやすい方に向いているケア方法といえます。煮沸消毒は、 洗浄液によるこすり洗いを行った後、加熱して消毒をするものですが、消毒効果が高い分、熱によってレンズを劣化させる場合やレンズの種類によっては煮沸消毒できない場合もあります。

 

ワンデータイプ

ワンデーは使い捨てタイプのコンタクトレンズなので、毎日のお手入れを習慣にするのがむずかしいと感じる人や、初心者におススメといえます。保存液や専用ケースを持ち歩く必要がないので、スポーツや旅行の機会が多い人にとって使いやすいでしょう。



目に違和感があると感じたら?

コンタクトレンズの装用中に目に違和感がある場合、コンタクトレンズもしくは目のどちらかに何らかの原因があると思われます。


コンタクトレンズにゴミや目のタンパク質汚れがついている、コンタクトレンズに傷や破れがある場合は、使い心地が悪くなり異物感や痛みを感じたりすることがあります。


このような違和感があるときは一度レンズを外して、目視でレンズに傷などがないかを確認し、洗浄液などでレンズをこすり洗いしましょう。傷や破れがある場合は、また装着せずに新しいレンズに変えるようにしましょう。


また、ソフトコンタクトレンズの場合はレンズの裏表が反対になっていることが多いので要注意です。


コンタクトレンズに異常がない場合には目に何らかの原因がある事が考えられるので、例えば目にゴミが入っている、角膜など目の表面に傷がある、また目の乾燥やドライアイ、アレルギーや細菌による結膜炎などを疑い眼科へ受診しましょう。

その際には速やかにコンタクトレンズを外して眼鏡にすることが大事です。



【関連記事】

 コンタクトレンズを清潔に使用するためのケア方法とケア用品

初めてのコンタクトレンズも大丈夫!~つけ方と外し方~



==================================================

初めてご利用の方・継続でご利用のお客様向けのお安いWEB限定割引クーポンはこちら


==================================================


▶コンタクトレンズTOPへ


カテゴリ

店舗を探す