コンタクトレンズなら全国160店舗、
会員数250万人のコンタクトレンズ専門店
コンタクトの泉

賢く買い替え!今までと違うタイプのコンタクトを希望する時どうする? (16053012)

コンタクトを違うタイプに買い替えるときは、店頭販売を利用しましょう。 眼科で診察を受け、処方箋(処方指示書など)をもらってから購入するので安心して使い始めることができます。

レンズの交換時期に合わせて眼の健康状態を見極めるためにも定期的に検査を受けるといいですね。

コンタクトはいまやネットですぐ手に入ります。 しかし、自分では目の不調になかなか気付きにくいため、目の健康を守るためには検査をすることが必要です。

コンタクトを安全に使えるように、買い替えの際の購入方法について考えてみませんか。



自分に合ったものをアドバイスしてくれる店頭販売

コンタクトレンズを購入する際、一部のネット通販は処方箋不要で気軽に購入できますが、コンタクトレンズは高度管理医療機器です。 目の健康を守るためには、コンタクトレンズを正しく使用することが大事です。

違うタイプに買い替える時には必ず眼科の検査や処方箋のデータに基づいて店頭で購入しましょう。


例えばハードタイプソフトタイプでは、装用感やレンズの付け方・外し方、ケアの仕方などが異なります。

自分に合ったレンズを探すのはもちろん、使用上の注意なども検査員やスタッフなどに教えてもらいましょう。


店頭購入の場合、基本的には処方箋のデータに基づいての購入が必要になるので、眼科で検査を受けて目の状態を確認してからコンタクトレンズを購入することになります。 眼科はたいてい店舗に隣接しているので、わざわざ遠くの眼科へいく面倒がなく安心です。


眼科の検査では、角膜や結膜の異常がないか眼の状態を確認して、コンタクトレンズでの視力やフィッティングなどを合わせたりします。 必要に応じて、涙の量、角膜内皮細胞の数なども調べたり、改善が必要な場合には点眼や軟膏などの処方薬が発行されます。


検査結果に基づいて目に問題がなければ、新しいコンタクトレンズを安心して使い始めることができます。



買い替えるタイミングとは

使用期間が決まっているものについては、その期間を守って使いましょう。 1DAY2WEEK1ヶ月タイプなどあります。 その在庫が切れた時は切り替えのタイミングとしてもいいですね。


使用期間が決まっていない通常のコンタクトレンズはずっと使い続けられそうですが、使用している間にレンズの劣化や傷や汚れも発生してくるので、ソフトレンズであれば1年から1年半、ハードレンズであれば2年から2年半が交換の目安になります。 しかし、瞳の状態やケアの仕方によってレンズの汚れ具合に差があるため、交換時期も人によって差があります。


レンズの交換が必要かどうか確認するためにも、定期的に検査を受けましょう。



【関連記事】

コンタクトを装用するなら受けよう! 定期検査の重要性とは

使い捨てコンタクトレンズは使用期限を守ることが大切

割引クーポンを使ってお得に手軽にコンタクトを購入する方法



==================================================

初めてご利用の方・継続でご利用のお客様向けのお安いWEB限定割引クーポンはこちら


==================================================

 

▶コンタクトレンズTOPへ

カテゴリ

店舗を探す