コンタクトレンズなら全国160店舗、
会員数250万人のコンタクトレンズ専門店
コンタクトの泉

コンタクトレンズが目にくっついて取れない時はどうする? (16061708)

多くの場合、コンタクトレンズが取れない理由として「乾燥してはりついたり、レンズが滑る」ということが挙げられます。 コンタクトが取れない時はあせらず、鏡で確認をしながらレンズに触れる、乾燥している時には目を閉じる、目薬を使用する、水をはったボウルの中でまばたきをするなどの方法を試してみましょう。

なぜ取れなくなるの?

例えばソフトコンタクトの場合、柔らかくツルっとした素材でできているため、ただでさえ外しにくいものです。 また、ソフトコンタクトには水分が含まれています。コンタクトが目の水分を奪い、目に貼りついたような状態になることがあります。


目の乾燥は、外気の影響や涙の量と質、コンタクトレンズの性能等も関わってきますが、特にコンタクトレンズを装用したまま長時間ものを凝視し続けることで、まばたきの回数が少なくなり目に涙が行きわたらなかったりすることが原因でも起こります。 そのほかにも、コンタクトレンズの装用時間が長かったりするとコンタクトレンズが乾燥してしまい、取れなくなってしまうことがあります。


無理に取ろうとするのはNG

コンタクトが取れない時、無理に目から取ろうとするのは絶対にやめましょう。 大切な目を傷つけてしまう可能性があります。

コンタクトレンズが取れない原因には、目とコンタクトレンズの間に水分が足りていないことが多くあります。

そのため、まずは一度目を閉じて、目の中に涙を行きわたらせるようにしてみて下さい。 コンタクト用の目薬を差すのもよいでしょう。 また、洗面器などのボウルに水をはり、その中でまばたきをするという方法もあります。


なかなかコンタクトが外れなくても焦らず、いくつかの方法を試してみましょう。

それでも外れないという場合には自分で外そうとせずに、眼科を受診するようにしましょう。


外すときに気をつけてみよう

コンタクトレンズが外しにくい場合には、以下のような状況になっていないかに注意してみましょう。

・指がぬれている

コンタクトレンズを外す際には指でまぶたを開き、もう片方の指で外すという方法をとる方も多いでしょう。まぶたを開く方の指がぬれていると手がすべるため、目を大きく開きにくくなります。コンタクトレンズを外すときに手がぬれている場合は、清潔なタオルでしっかりと水分を拭き取ってから外すようにしましょう。

・爪が伸びている

長く伸びた爪は、コンタクトレンズを指でつまみにくくする原因となります。女性の場合はネイルアートをしているという方もいるかもしれませんが、長い爪はコンタクトレンズが外れにくくなるだけでなく、非常に危険です。短く切りそろえた爪で、コンタクトレンズに触れるようにしましょう。

 

ソフトコンタクトレンズの正しい外し方

ソフトコンタクトレンズを外すときには着けるときと同様、しっかりと石鹸で手を洗いましょう。指と指の間もきちんと洗うようにしてくださいね。石鹸を洗い流したら清潔なタオルで水気をふき取ります。ソフトコンタクトレンズに水分が付着すると変形や変色するおそれがあるので要注意です。最悪の場合、水中の細菌がレンズに付着して感染症を引き起こす可能性もあります。単純に指がすべって外しにくくなる問題もあるので、必ず手を乾燥してから外すようにしてくださいね。

 

・上目遣いで鏡を見る

鏡で確認しながらソフトコンタクトレンズを外すと上手くいきます。目の高さに鏡を調整して顎を引き、上目づかいをしましょう。レンズを外しやすくなります。

 

・片手の指で目を大きく開く

二本の指を使って上まぶたと下まぶたをしっかり広げましょう。まつげの生え際に手を当てるようにすると取り外しやすいです。

 

・もう片方の指を目に近づけていく

まぶたを押さえている手とは逆の手の指を使って、レンズを外していきます。親指と人差し指の腹をつけてVの形を作りましょう。指先を上に向けたまま、目に近づけていきます。くっつけた指が横にならないようにしてください。また、このとき爪が目にあたらないように気を付けましょう。

 

・レンズをおさえていく

よく瞳の真ん中を押さえて外そうとする人がいますが、ソフトコンタクトレンズを外すときには中央よりやや下の、4時と8時の位置を押さえましょう。指先で押さえると目が痛くなるので、必ず指の腹でレンズに触れるようにしてください。

 

・白目部分までレンズを下げる

いきなりレンズをつかむのではなく、まずはレンズを垂直に下げていきましょう。黒目と白目には微妙に段差があり、位置を変えることで浮き上がりやすくなって外すのも簡単になります。

 

・レンズをつまむ

ここまで来てようやくレンズを外す段階になります。指の腹でレンズを押し上げるようにしてつまんでいきます。無理やり引っ張ろうとすると外れにくく、瞳を傷つけるおそれがあるので優しく触れるようにしてください。また、このときつまむ親指と人差し指を離さず、Vの形をキープするようにしましょう。

 

・付け外しが苦手な人は器具の使用がおすすめ

なかなか上手にコンタクトレンズを外せないという人は、専用の取り外し器具を使ってみましょう。大手メーカーが販売している器具はピンセットのような形状になっていて、レンズを確実につかめます。コンタクトレンズショップやオンラインショップで販売されているので、気になる人はチェックしてみてください。価格は約2,000円です。


ハードコンタクトレンズの外し方

小さく硬い素材でできたハードコンタクトレンズの場合、ソフトコンタクトレンズとは外し方が異なります。ハードコンタクトレンズの外し方は、主に下記の2種類があります。

・まぶたから押し出す方法

それぞれの人さし指で上まぶたと下まぶたを引っ張り、目を見開きます。上まぶたを引っ張って押し上げ、ハードレンズを上まぶたで押さえるようにします。下まぶたを押し上げ、ハードレンズを外します。両手を使ってハードレンズを外すため、下に清潔なタオルを敷いて行うと良いでしょう。

・まばたきをして外す方法

コンタクトレンズを装用しているのと同じ方の手で、目尻を斜め上に引き上げます。まばたきをするとハードレンズが外れるため、もう片方の手で受け止めます。

そのほかに、専用の器具を使って外す方法もあります。コンタクトレンズが外れにくく困っている方は、こちらの方法も試してみることをおすすめします。

・スポイトを使う方法

ハードレンズ専用のスポイトの先端を、装用しているハードレンズの中央に対して垂直に当て、吸着させて目から外します。スポイトの中央部分を押して、スポイトからハードレンズを外します。

今回は、コンタクトレンズが外れにくい原因と対策についてご紹介しました。安全な方法でハードレンズを外し、大切な目を守りましょう。


中央コンタクト☆おすすめ商品

プロクリア ワンデー

保湿力の高いうるおい成分を配合し、涙になじみやすく乾燥しにくいので、長時間レンズを装用される方におすすめです。瞳の角膜細胞をモデルにした素材で、乾燥を防ぎ眼になじみやすく、汚れにくいコンタクトレンズです。


デイリーズ トータル ワン

含水率80%以上とうるおいたっぷりで、しっとりなめらかな快適なつけ心地のコンタクトレンズです。また、酸素透過性も高く、眼の健康をサポートします。装用中の快適なつけ心地を実現したコンタクトレンズです。


1dayPureうるおいプラス

レンズに使用されている独自の素材「SIB」は、タンパク質の構造に似せた両性イオン素材です。含水率や酸素透過性が高く、温度や塩濃度に対する安定性もよい従来の素材の長所を取り入れた素材です。UVカット機能も付いた、国産のコンタクトレンズです。


【関連記事】

乾きが気になるコンタクトの対処法とは?

どうしよう! コンタクトレンズが張り付いてとれない時の正しい対処法!

コンタクトレンズしたまま寝る危険性とは



==================================================

初めてご利用の方・継続でご利用のお客様向けのお安いWEB限定割引クーポンはこちら


==================================================

 

▶コンタクトレンズTOPへ

カテゴリ

店舗を探す