コンタクトレンズなら全国160店舗、
会員数250万人のコンタクトレンズ専門店
コンタクトの泉

今コンタクト付けているけれどこのまま昼寝したい…! (16061716)

目によくないとはわかっていても、コンタクトレンズをしたままうっかり昼寝・・・。 などという経験はありませんか?

コンタクトレンズをしたまま眠ってしまうと、目が乾燥してしまい、コンタクトレンズが外れなくなることがあるので注意しましょう。

本来、コンタクトレンズをしている時は眠らないのが理想ですが、うっかり昼寝をしてしまったという場合には、まばたきの回数を増やす、コンタクトレンズ用の目薬を差すなどして、目にうるおいを与えてあげて下さい。



短時間の昼寝ならOK?

私たちの目は、涙や酸素などを取り入れることで目に栄養を与え、健康でクリアな視界をキープしています。

普段、仕事の休憩時間や電車に乗っている時に、ついウトウトと眠くなり、昼寝をしたくなることがあります。 しかし、コンタクトレンズを装用している時に眠ってしまうと、目を閉じることで涙や酸素が不足してしまい、目が充血したり、乾燥しやすくなったりします。


数分~数十分程度眠ってしまったという場合は仕方ありませんが、長時間眠ると目に負担をかけてしまうので止めましょう。 コンタクトレンズを装用中は眠らない方がよいのはもちろんですが、どうしても眠くなってしまうという人は、あらかじめ酸素透過率の高いレンズを選ぶことをおすすめします。



トラブルと対処法

コンタクトレンズを装用したまま眠ってしまうと、ほんの少しの時間でも目が乾燥してしまい、ドライアイなどの症状が出てしまうことがあります。 そのような時には目をこすったりせず、まばたきの回数を増やすなどして、まずは目の中に涙を行きわたらせるようにして下さい。


また、コンタクトレンズをしたまま眠ってしまったことで、レンズが目から外れなくなってしまうことがあります。

そのような場合にはコンタクトレンズ用の目薬を差して、しばらくの間目を閉じると、レンズが外れやすくなります。 また、水をはった洗面器に顔をつけ、数回まばたきをするなどの方法もあります。

それでもレンズが外れない場合は無理に外そうとせず、眼科へ行くことをおすすめします。



【関連記事】

 

瞳のトラブル防止!コンタクトレンズの装用時間を守ろう

2weekコンタクトレンズの正しい使い方をマスターしよう!

1か月コンタクトの正しい使い方をマスターしよう!



==================================================

初めてご利用の方・継続でご利用のお客様向けのお安いWEB限定割引クーポンはこちら


==================================================


▶コンタクトレンズTOPへ

カテゴリ

店舗を探す