コンタクトレンズなら全国160店舗、
会員数250万人のコンタクトレンズ専門店
コンタクトの泉

以前から使っているコンタクトレンズが合わなくなった場合 (16063004)

年を取ると、若い時に比べて体力が落ちたり、見た目が老けてきたりしますよね。 それ以外に、若くても視力に変化が出てくることがあります。 装用しているコンタクトレンズが合わなくなった時には、視力が下がっている可能性があります。

コンタクトレンズを装用していて、ふとした時に「コンタクトが合わなくなった」と感じることはないでしょうか? 正しく装用していても、加齢や眼の衰え以外でも視力が下がることがあります。 気になったら、眼科を受診するようにしましょう。



どんな時に合わなくなったと感じる?

メガネの度数が合わなくなるのと同じように、コンタクトレンズも、これまでは問題なく普通に見えていたのに、ある時から急に見えにくさを感じるようになった、ということがあります。


例えば、以前は普通に見えていた遠くの景色がぼやけたり、文字や看板などが読みづらくなったりすることがあります。 また、目が疲れやすくなったり、目がかすんだりする症状が出ることもあります。

合わないコンタクトレンズをつけていると、目だけではなく、肩こりや頭痛、吐き気、だるさなどの身体の不調が起きることがあります。 目の疲れは全身に悪影響を及ぼす可能性もあるので、それらは一つのサインでしょう。

日に日に見えにくさを感じるようになり、目や身体の不調を頻繁に感じた時に「コンタクトレンズが合わなくなった」と感じることが多いようです。



理由は視力や年齢に関係している事が多い?

コンタクトが合わなくなってくる理由として、人間はある程度年齢を重ねると、視力が低下しやすくなってくることが挙げられます。


人間は、生まれてから1年の間に大きく目の力が発達します。 10代の学生時代になると、身体の成長と共に目を使う機会がグンと増え、4人に1人がメガネやコンタクトなどの視力矯正が必要になります。

20代から30代の間は、視力低下のスピードが緩やかになり、視力矯正をきちんと行えば、ある程度の視力を維持することができます。

40代以降になると、これまでに比べて手元の視力が下がり、本や新聞、スマートフォンの文字などの見えにくさを感じる人が増えてきます。


これは身体的な老化現象が影響してきて、若い時に比べて目の周辺の筋肉も衰えてくることもあり、ほとんどの人が経験します。 60代を過ぎると、目以外での身体の不調が加わり視力に影響することもあります。



【関連記事】

コンタクト装着時に片目がぼやける!そんな時はどうすればいい?

裸眼で急に視界がぼやける、なんて事ありませんか?

コンタクトを装用するなら受けよう! 定期検査の重要性とは



==================================================

初めてご利用の方・継続でご利用のお客様向けのお安いWEB限定割引クーポンはこちら


==================================================


▶コンタクトレンズTOPへ

カテゴリ

店舗を探す