コンタクトレンズなら全国160店舗、
会員数250万人のコンタクトレンズ専門店
コンタクトの泉

視力検査の1.0って、何が基準になっているの!? (16081904)

「最近目が見えにくくなったかも」と気になった場合、早めに視力を検査しましょう。 学校の視力測定などで問題なく見えると判断される視力の基準値は1.0と言われています。 視力が0.6以下の場合には見えにくく感じることも多いため、メガネやコンタクトで視力矯正をしましょう。

視力検査の時に用いられる「C」のような図形はランドルト環と呼ばれるもので、1909年から世界中で使われているものです。 視力検査の結果、視力が0.6以下の場合には、メガネやコンタクトを利用した方がよいケースが多いです。



アルファベットのCに似た図形の大きさは世界共通

視力検査といえば、大小さまざまな大きさのアルファベットの「C」のような図形を見ながら、切れ目の向きを指し示す方法が一般的ですよね。 学校の視力検査でも使用されていた紙に印刷されているものが主流ですが、最近では機械を覗き込み、中に映るものを判別するタイプもあります。


この図形は「ランドルト環」と呼ばれ、1888年にランドルト博士という眼科医が発案したものです。 イタリアの学会で発表され、1909年に世界共通の指標になりました。 そのほかに、欧米にはアルファベットを組み合わせた「スネレン」と呼ばれるタイプもあります。 視力の基準値とされている「1.0」という視力は、直径7.5mm、幅1.5mmのランドルト環を5m先で識別できる状態のことを言います。



メガネやコンタクトレンズが必要な視力はどこから?

メガネやコンタクトレンズは、視力がどれくらいまで下がると必要になるのでしょうか。

基本的に、1.0以上の視力があれば十分に遠方が見える状態ですので、メガネやコンタクトレンズを装用する必要はありません。 0.7~0.9の場合は日常生活を送るのに支障はありませんが、遠くのものが見えにくいと感じる状況があれば、その時のみメガネを利用するという選択肢があります。


ちなみに車の免許を取得する時には、裸眼、もしくはメガネやコンタクトを利用した状態で、両眼の視力が0.7以上あることが条件です。

 

0.3~0.6の場合は、少し離れた景色や文字などが見えにくくなっていることが多いため、メガネやコンタクトを利用することが好ましいです。

0.2以下の場合は、必ずメガネやコンタクトを使用する必要があります。


以上、視力の基準についてご紹介しました。一定以下の視力になった場合は、無理をせず早めにメガネやコンタクトレンズを利用することをおすすめします。



【関連記事】

同じ視力でも人によって度数が変わるのはなぜ?

コンタクトをはずしたあと、視力が下がったように感じるのはなぜ?

それってもしかして近視かも?!近視度チェックしてみよう




==================================================

初めてご利用の方・継続でご利用のお客様向けのお安いWEB限定割引クーポンはこちら


==================================================


▶コンタクトレンズTOPへ

カテゴリ

店舗を探す