コンタクトレンズなら全国160店舗、
会員数250万人のコンタクトレンズ専門店
コンタクトの泉

コンタクトレンズのUVカット機能とは?

コンタクトレンズのなかには、紫外線から目を守る「UVカット機能」がついたタイプがあります。 目に紫外線を浴び続けると、目の炎症や病気につながってしまう恐れがあります。 コンタクトレンズとサングラスと併用するなどの工夫をして、紫外線から目を守りましょう。

UVカット機能のついているコンタクトレンズを装用することで、黒目や角膜を紫外線から守ることができます。 しかし、UVカット機能がついているからと使用方法を守らないのは危険です。 正しく装用し、目の紫外線対策を行いましょう。

 

 

紫外線が及ぼす影響とは?

太陽の光から出ている紫外線は、私たちの目には見えません。強い紫外線を肌に浴び続けることで、日焼け以外にも、シミやしわ、そばかすなどの原因にもなります。


紫外線を防ぐため、顔や身体に日焼け止めを使用したり、帽子をかぶったりする人もいます。しかし、実は紫外線は目にも影響を与えています。 特に目は、身体のなかにある器官とは異なり直接外にさらされているため、対策をしなければ紫外線を直に浴びてしまうことになるのです。


意外かもしれませんが、紫外線を目に浴びると角膜から脳へ情報が伝わり、肌を守ろうとしてメラニン色素が作られ、日焼け対策をしていても日焼けにつながることがあります。

ある実験で、紫外線を目に浴びたマウスが日焼けをするという結果が出たようです。 これは、人間にも起こり得る可能性があるため目から入る紫外線への対策を十分に行っていないと日焼けにつながってしまうかもしれません。目に紫外線を浴びすぎると、黒目が傷ついてしまい角膜炎になったり、水晶体が濁る白内障になったりする可能性もあります。


 

UVカット機能の効果はどれほどあるの?

 コンタクトレンズには、UVカット機能がついているタイプがあります。 具体的には、レンズに紫外線を吸収してくれる紫外線吸収剤が含まれているレンズのことを指します。 ハードコンタクトレンズのほか、ワンデー2Weekなどの使い捨てタイプ、乱視用や遠近両用、カラコンなどのソフトコンタクトレンズにも、UVカット機能が含まれたコンタクトレンズが発売されています。


コンタクトレンズのUVカット機能には、目を紫外線から守ってくれる一定の効果があります。 特に黒目や角膜を守ってくれるため、日中外に出る機会が多い人は、装用することで紫外線対策につながると言えるでしょう。

一方で、白目の部分はコンタクトレンズで覆われていないため、ケアができないというデメリットもあります。どちらにしても、UVカットのコンタクトレンズのみで完全に目の紫外線対策ができるわけではありません。目を紫外線から守りたいのであれば、UVカット機能のコンタクトレンズとサングラスの併用がおすすめです。



おすすめのUVカット付レンズをご紹介!

My Day

UV付のワンデータイプのコンタクトレンズ。酸素の透過性が高いシリコンを使った素材なので、目の負担が少ないレンズとしてもおすすめです。高い保水性もあるので、1日中快適に装用できます。

 

バイオトゥルーワンデー乱視用

ワンデータイプ乱視用の人気商品です。涙がもつ「眼の乾燥を防ぐ仕組み」を応用した、乾きにくいコンタクトレンズ。1日に約2万回行われる“まばたき”の仕組みを研究し、乱視のためのレンズをデザインした、付け心地にもこだわったレンズ。

 

アイコフレワンデーUV M

北川景子さんがモデルのサークルレンズです。カラーは4色展開で、どの色もナチュラルでかわいいので日によってカラーを変えて使っている方も多くいらっしゃいます。カラー・サークルのレンズはUV付のレンズが多く出ていますが、その中でも長い間大人気のレンズです。



紫外線対策はもちろん、正しい使い方をすることが大切!

 UVカット機能のコンタクトレンズやサングラスを使用することで、目に直接紫外線を浴びることを防ぐことができます。 だからといって、「UVカット機能付きのコンタクトレンズだから大丈夫」と、レンズの装用時間を守らなかったり、装用後のケアをきちんと行わなかったりすることは危険です。

コンタクトレンズは、装用後のケアをきちんと行わなければ、せっかく紫外線から守った目に負担がかかるだけでなく、長時間太陽の光を浴び続けることで、涙が不足してしまうこともあります。 その場合、コンタクトレンズ用の点眼薬をさしたり、乾燥が気になる場合は一旦装用を中止してめがねに切り替えたりするといった対策が必要です。 UVカット機能がついているからと油断せず、正しい使用方法を守りましょう。

どのコンタクトレンズにするかは、UV付かどうかではなく、自分に合った負担の少ないレンズを選ぶことがおすすめです。

今回は、コンタクトレンズのUVカット機能についてご紹介しました。紫外線から瞳を守りつつ、安全で快適なコンタクトレンズ生活を送りましょう。




【関連記事】

 乱視用のカラコンでオシャレに快適な生活を送りましょう!

 目に悪いばかりじゃない?紫外線の意外な効果とは

 紫外線が気になりだす季節・・・コンタクトレンズ+サングラスで乗り切ろう



==================================================

初めてご利用の方・継続でご利用のお客様向けのお安いWEB限定割引クーポンはこちら


==================================================


▶コンタクトレンズTOPへ

カテゴリ

店舗を探す