コンタクトレンズなら全国160店舗、
会員数250万人のコンタクトレンズ専門店
コンタクトの泉

コンタクトを付ける練習をしてコンタクトに慣れよう (16072220)

コンタクトレンズデビューで必ず経験するのが、コンタクトを装用する練習です。 目にレンズを入れるため、はじめのうちは慣れなかったり、怖いと感じたりする人もいるかもしれません。

しかし、きちんと練習をすれば大丈夫です。

コンタクトレンズを作るとき、眼科の検診のあとにコンタクトレンズの装用の練習を行います。 正しい装用方法を知っていないと、目のトラブルなどにつながる恐れがあります。 時間がかかっても必ず装用できるようになりますので、心配はいりません。



眼科でコンタクトを付ける練習ってどんな感じ?

はじめてコンタクトレンズを作るときは、眼科の検診を受けます。

目に異常がなければコンタクトレンズを作ることになりますが、眼科で装用の練習をすることがほとんどです。 理由として、コンタクトレンズは高度管理医療機器であり、正しいつけ外しの方法を覚えることが必要だからです。


装用の練習は、看護師や視能訓練士、医師などの指導のもとで行われます。 レンズの裏と表の見分け方や、鏡の前でつけ外しができるようになるまで練習します。

最初のうちは誰しも慣れていないため装用に時間がかかりますが、必ず慣れますので心配する必要はありません。 装用の練習が無事に終われば、晴れてコンタクトレンズデビューとなります。

ただし、初日から1週間程度は装用時間が短めに指定されていることが多いです。 眼科からの指示を必ず守るようにしましょう。



器具を使ってコンタクトを簡単につける方法

基本的に、コンタクトレンズは指を使って装用します。

特にハードコンタクトレンズの場合はサイズが小さいため、なくさないよう注意が必要です。 また、ソフトコンタクトレンズは柔らかく薄いため、破かないよう気をつけましょう。


最近では、コンタクトのつけ外しができる器具も販売されています。 専用のスティックでレンズケースからコンタクトレンズをすくい出し、ピンセットなどを使って装用します。

なぜこのような器具があるのかというと、手にハンドクリームを塗っていたり爪を伸ばしていたりする場合などに、目に入るのを防ぐためです。 また、手が汚れた状態でも、このような器具を使えば装用ができます。

基本的には手で装用するのが一般的ですが、このような器具があることも覚えておくとよいでしょう。



【関連記事】

初めてのコンタクトレンズも大丈夫!~つけ方と外し方~

コンタクトがずれた!どうしたら良い?

初めてのコンタクト・・・どうしても入らない



==================================================

初めてご利用の方・継続でご利用のお客様向けのお安いWEB限定割引クーポンはこちら


==================================================

 

▶コンタクトレンズTOPへ

カテゴリ

店舗を探す