コンタクトレンズなら全国160店舗、
会員数250万人のコンタクトレンズ専門店
コンタクトの泉

脱メイク下手!ポイントを押さえて美人顔に変身 (16082220_17012505)

メイクが下手に見えてしまうのは、メイク時の鏡が近すぎる、光の当たらない場所で行っている場合が多いです。 結果、全体のバランスが悪かったりメイクが濃くなりすぎたりしてしまいます。 メイクが苦手な方はカラコンを取り入れると目元を印象的に見せられます。

張り切ってメイクをしたのに何だかイマイチ、全体的に厚塗りで濃くなってしまう・・・など、自身のメイクが上手くいかないと悩んでいる方は案外多いもの。 メイクがビシッと決まれば、外出するのも楽しみになり、心にも張りが出てくるのではないでしょうか。

今回は、メイク下手になってしまう原因を探ったうえで、手早くメイクができて尚且つ綺麗に見せるためにはどんな方法があるのかを探っていきます。



メイクをする場所が重要!光の当たり方を考えて

メイクをする時には、「アイメイクをバッチリ決めよう」「ファンデーションで肌荒れを隠そう」など、目的に囚われすぎて他のことに意識が向かないことがあります。 例えば、外出前で急いでいて、洗面所のような薄暗い場所でメイクをしていないでしょうか。


メイクをした顔を周囲が見るのは、外にいる時や照明のある明るい室内などが多いでしょう。 そのため、薄暗い場所でメイクをすると、明るい場所で見た時と顔の印象が変わることがあります。


また、顔に光が正しく当たらない状態でメイクをすることで、左右のバランスがおかしくなってしまうこともあります。例えば、片方だけファンデーションが濃くなってしまったり、左右の眉の長さや形が違ったりということがおこりやすいのです。


メイクをする時に鏡が近すぎると、ついアイメイクやファンデーションを厚塗りして全体のバランスがちぐはぐになってしまいがち。 必ず全身のバランスが確認できる位置でメイクを行いましょう。



失敗メイクと思われてしまうポイント 

せっかく時間をかけてメイクをしたのに、「失敗メイク」になってしまっていることがあります。


例えば、アイメイクですが、「目を大きく見せたい」と思うあまり、目全体を黒のアイラインでぐるっと囲むように引いていたり、アイシャドウが濃かったり、マスカラがダマになってしまっている、という場合、不自然な印象を与えてしまいます。 アイラインは上まぶたや目尻のみに引いたり、アイシャドウは色味がナチュラルなものを選んだり、マスカラはロングタイプやコームのものを選ぶ、または重ね塗りし過ぎたりしない、など注意しましょう。

また、自分の髪や肌とメイクが合っていないケースも、ちぐはぐな印象を与えてしまいます。 アイブロウを自分の髪の色と合わせたり、濃く眉を描き過ぎないようにしましょう。 ファンデーションも、もとの自分の肌に近いものを選ぶことで不自然に顔だけ浮いてしまうのを防げます。


チークは血色を良く見せてくれるアイテムですが、塗る位置を広げ過ぎてしまうと自然に見えません。 頬骨の少し上に、ブラシなどで広げていくと上手に塗れます。

 


上手にメイクするために気を付けたい習慣

メイクが下手な方には、日常的にやってしまっている習慣があります。 メイク上手になるために、ついやってしまいがちな習慣を知っておき、注意することをおすすめします。


よくあるのが、「メイクをするときに使っている鏡が小さい」ということです。 手鏡やコンパクトなどを使うと、気軽にメイクはできるものの顔全体が見えないため、アイメイクだけが濃くなってしまい、完成したときのバランスが悪いメイクになっていることがあります。


メイクをするときはできる限り大きめの鏡を使い、顔全体が見える状態で行うことをおすすめします。 また、完成したら正面だけではなく、左右や上下から見た印象も確認し、塗り過ぎていないか、ムラがないかというような確認すると良いでしょう。


また、化粧小物が汚れていることが原因で、上手にメイクができないことがあります。 特に、ファンデーションを塗るパフや、アイメイクで使用するチップなどは、こまめに新しいものと交換するようにしましょう。



アイメイクにカラコンを取り入れるのもオススメ!

メイクは、コツを掴みポイントを押さえることでどんどん上達します。 しかし、メイクに苦手意識がある方にとっては、そもそもメイクをする気がなかったり、慣れるまでに時間がかかってしまったりするかもしれません。 また、時間がない時は早めにメイクを完成させたいと考える方もいるでしょう。


そのような場合におすすめしたいのが、メイクにカラコンを取り入れることです。 カラコンはつけるだけで簡単に目の印象を変えてくれるため、時間がない人や不器用な人には心強いお助けアイテムとなります。 視力が悪い場合でも、度入りのカラコンが数多く販売されているので心配ありません。

また、しっかりとメイクしてハーフ顔に見せたい時はヘーゼル系や明るめのブラウン、ナチュラルに見せたい時は暗めのブラウンやブラック、個性的に見せたい時はグレーやブルーなど、目的に応じてカラーを使い分けることもできます。


メイクが苦手な方や時間がない方にとっても、しっかりメイクをして綺麗に見せたい方にとっても、カラコンは気軽に印象を変えられるので、メイク時に便利なアイテムだと言えますね。



【関連記事】

いつもより目を大きく見せる事ができるメイク術!

これがモテ女の秘密!愛され黒目がちのメイク法とは

コンタクトでも映える!流行のゆるふわな裸眼メイクで可愛くなろう!




==================================================

初めてご利用の方・継続でご利用のお客様向けのお安いWEB限定割引クーポンはこちら


==================================================


▶コンタクトレンズTOPへ

カテゴリ

店舗を探す