コンタクトレンズなら全国160店舗、
会員数250万人のコンタクトレンズ専門店
コンタクトの泉

目が疲れているアナタヘ!簡単にできるマッサージ法を伝授 (16103109)

近年のパソコンやゲーム、スマホの普及により、私たちが目を酷使する機会は増えました。 目が疲れたり、乾いたりすると目薬を使用することが多いかと思いますが、簡単なマッサージでも、それらが解消できることをご存知ですか? 自宅やオフィスなどで、道具も使わずにたった数分でできる、ツボを押さえるだけの簡単なマッサージ法をご紹介します。

目の疲れを放っておくのはNG!

私たちは普段の生活のなかで、目を酷使していることが少なくありません。例えば、長時間のゲームやテレビ、寝転がって読書をする、寝る前にスマートフォンを操作する、などが挙げられます。それ以外にも、仕事でほぼ毎日パソコンを使う、車の運転をするなどの行動も、知らぬ間に目を疲れさせる原因のひとつとなっています。


目が疲れると、目以外の部分にも支障が出てくることがあります。目の周りには筋肉が集まっているため、その筋肉が疲れにより凝り固まってしまうと、血行が悪くなり、肩こりの症状が出ることもあります。また、目の疲れは頭痛を引き起こす原因にもなります。


「これくらい大丈夫だろう」と、目の疲れを侮ってはいけません。凝視したり長時間目を使ったりする作業を行った後は、意識的に目を休ませたりマッサージを行ったりするなど、目に負担をかけずに疲れを解消することを心掛けましょう。

 

疲れ目にはこのマッサージを即実行!

実は、目の周りには沢山のツボが存在しています。ツボをちょっと刺激するだけで、疲れ目が解消されるので、ぜひ実践してみてください。以下の1~6のツボを順番に5秒ずつ押さえる、というのを2セット行うだけです。

 

1.睛明(せいめい)      目頭のくぼんでいる部分

2.攅竹(さんちく)      眉毛の始まりの部分

3.魚腰(ぎょよう)    眉毛の真ん中あたり

4.絲竹空(しちくくう)  眉毛の終わり部分

5.太陽(たいよう)      こめかみと目尻の間にあるくぼみ

6.承泣(しょうきゅう)  黒目の真下にある骨の部分

 

本当に簡単ですよね。学校や職場ではもちろん、自宅での家事の合間のちょっとした空き時間にたった1分間でできるマッサージです。「ちょっと目が疲れたな」と感じたら、こまめにマッサージしてみてください。

 

ドライアイや充血を緩和するマッサージ

疲れ目のマッサージにも出てきた、睛明(せいめい)というツボは、軽く押さえるとドライアイや充血を解消する効果もあります。 疲れ目のマッサージは、5秒ずつゆっくりと押さえる方法でしたが、ドライアイの場合は、リズミカルに行うのがポイントです。 目頭のくぼんでいる部分を、片手の親指と人差し指でつまむようなイメージで、1秒間に1回の速さで軽くポンポンと押していきます。

次に、天応(てんのう)という、眉頭のやや下にあるツボを、親指の腹で 睛明と同じようにリズミカルに押さえます。さらに、四白(しはく)という、黒目の下のほほ骨のあたりにあるツボを、人差し指と中指でリズミカルに押します。

睛明、天応、四白の3つのツボを1セットとし、2回行うと効果があるといわれています。 さらに、自宅や職場で時間のあるときには、マッサージの後に温めておいたタオルや、ホットアイマスクなどで目の周りを温めると、より効果が期待できます。

 

普段の生活で目が疲れたな、乾いたなと感じても、忙しいとそのままにしてしまいがちです。

たかが目の疲れ、たかがドライアイ、などと放置せずに、気軽にできるマッサージで少しでも目の疲れを解消してみてはいかかでしょうか。


マッサージ以外にもこのような方法があります

マッサージのほかにも、疲れ目を和らげるための方法はいくつかあります。


例えば、市販の温アイマスクを使うことで、目を休ませることができるだけでなく、目の周辺の筋肉の疲れを和らげることができます。温アイマスクは、蒸しタオルで代用することも可能です。


また、疲れ目には側頭部を温めるのも効果的です。蒸しタオルで頭全体を巻き、数分程度そのままにすることで、血行促進につながります。蒸しタオルは、濡らして絞ったタオルを電子レンジで温める、お湯にタオルをつける、などの方法で、作ることができます。お金をかけず簡単に行うことができるため、やけどに注意しながら、活用することをおすすめします。


また、「タッピング」という方法もあります。タッピングは親指以外の4本の指を使い、目の周りをたたき、目の周辺のツボを刺激するというものです。眉毛の上、目の下、こめかみ~頭の上など、それぞれ5回程度、やや強めの力で行うと効果的です。仕事の合間や外出先などでもできるため、疲れ目が気になったら試してみるとよいでしょう。


今回は、疲れ目を改善するためのマッサージ方法をご紹介しました。目に優しい生活を心掛け、「目が疲れたな」と感じたら、マッサージやほかの対策を行いましょう。


中央コンタクト☆おすすめ商品

スーパーソフト

なめらかなカーブと薄く加工したレンズデザインで、まばたき時のまぶたの負担を軽減するソフトコンタクトレンズです。中心厚が0.035mmと薄型なため、自然なつけ心地が得られます。最長1週間までの連続装用ができることも特徴のひとつです。


ワンデー アクエア エボリューション

レンズの先端部分が丸くなめらかな形状をしているため、刺激を最小限におさえてくれます。ヒアルロン酸の2倍の保湿力を持つ多機能保湿成分「リピジュア」を配合した保存液で、レンズ表面のなめらかさが続くコンタクトレンズです。


プロクリア ワンデー

瞳の角膜細胞をモデルに開発されたPCハイドロゲル素材を使い、瞳の健康に配慮したコンタクトレンズです。保水成分「MPC」を配合しているため、涙となじみやすく乾きにくい特徴があります。また、汚れや菌が付着しにくく快適さが持続します。


【関連記事】

ツボマッサージで目をリラックス!

目のストレスを少しでも軽くする方法

コンタクトで疲れた目を、様々な症状から守るための方法とは?



==================================================

初めてご利用の方・継続でご利用のお客様向けのお安いWEB限定割引クーポンはこちら


==================================================


▶コンタクトレンズTOPへ

カテゴリ

店舗を探す