コンタクトレンズなら全国160店舗、
会員数250万人のコンタクトレンズ専門店
コンタクトの泉

どうする!花粉症シーズンのコンタクトレンズ対策!

陽気な春ですが、ひどい目のかゆみや鼻水など・・・花粉の症状がある人にとっては辛い時期ですよね。
特にこの時期にコンタクトレンズを使用する場合は、花粉症による目のトラブルが発生してしまう可能性が高まります。 花粉症のシーズンの適切な過ごし方についておさえておきましょう。

花粉症のシーズンの時期はメガネがおすすめ!

花粉症の主な症状には目のかゆみや充血、目ヤニの量が増えることなどがありますが、コンタクトレンズを使用している場合は、その症状が更に大きくなるとされています。

これは花粉がコンタクトレンズにも付着することでより症状がひどくなるためです。
そのため、花粉が飛散するシーズンは、ワンデータイプのコンタクトレンズを使用するか、症状がひどい場合にはなるべくコンタクトレンズを使用しないようにしてメガネで過ごした方が良いでしょう。

コンタクトレンズを装用したときに比べて花粉症の症状が軽くなるだけでなく、メガネをかけることで目に入る花粉をカットできるので症状の悪化を抑えることができます。

また、普通のメガネよりもフレームの張り出しを顔に近くし、ゴーグルのように花粉が目に入り込む隙間を最小限にした花粉症対策のメガネもさまざまなメーカーから発売されています。
より高い花粉のカットが期待できるので、普通のメガネをかけたけど効果が実感できない!という方は試してみてはいかがでしょうか。


花粉症のシーズンでもコンタクトレンズを使いたい!

普段コンタクトレンズで生活している方のなかには「コンタクトレンズでの生活に慣れたからもうメガネには戻れない!」という方も多いと思います。

花粉症のシーズンでもコンタクトレンズを使用する場合は、コンタクトレンズをより清潔に保つことが大切です。


2weekタイプのコンタクトレンズや、1か月タイプなどのコンタクトレンズを使用している方は、シーズン中だけでもワンデータイプのコンタクトレンズに替えてみましょう。

ワンデータイプのコンタクトレンズは毎日新品を使うことになるので、ワンデータイプ以外のコンタクトレンズよりも清潔です。


今のコンタクトレンズを使い慣れているからワンデータイプに替えたくない、という方は装用時間やレンズケアに気を使うことが大切になります。


花粉で汚れたコンタクトレンズを長時間装用するのはよくないので、帰宅後はすぐにコンタクトレンズを外し、家の中ではなるべくメガネで過ごすようにしましょう。


花粉で汚れたコンタクトレンズは普段よりも一層汚れが落ちにくくなっているので、レンズケアに関しては普段よりも入念なこすり洗いを心掛けましょう。

洗浄液の種類は、より洗浄消毒効果の強い過酸化水素タイプやヨードのつけ置きタイプ洗浄消毒液がおすすめです。

また、しっかりと「すすぎ洗い」をせずにいきなりこすったりするとレンズに付着した花粉が破れて粘性のある内容物がでてくるので、レンズの表面に花粉が残りやすくなるとも言われてもいます。ケアが必要なレンズをお使いの方は「すすぎ洗い」をしっかりするように心がけるようにしてください。


花粉症用の目薬で症状を抑えよう

花粉症による目のかゆみや充血は、目薬をさすことで症状を抑えることができます。花粉症の症状を抑える、代表的な目薬の種類をご紹介しますので、参考にしてみてください。

・抗ヒスタミン薬

花粉症の症状は、花粉のアレルギー物質をきっかけに、脳から分泌されるヒスタミンという化学物質によって引き起こされます。ヒスタミンの働きを抑えてくれる、即効性のある目薬です。

・抗アレルギー薬

ヒスタミンが体の中に放出されるのを抑えてくれる目薬です。本格的な花粉症の症状が現れる前から点眼しておくことで、より効果があります。

・人工涙液

人間の涙に近い成分を含んだ目薬で、目の中に入った花粉を洗い流すのに効果的な目薬です。

花粉症の症状を和らげる目薬を差す場合は、基本的にコンタクトをはずしてから点眼するよう注意が必要です。目薬に含まれる成分によってはレンズが変形、防腐剤入りの目薬の場合はレンズが防腐剤を吸収し、目のトラブルを引き起こす可能性があります。


日常生活のなかでできる花粉対策で症状をやわらげよう

普段の生活のなかでも、花粉対策を行うことで症状を軽減することができます。花粉症の時期は、以下のことに注意して過ごすとよいでしょう。

・花粉が付着した洋服をはたく

外出中に、着ている衣服に花粉が付着していることがあります。そのままにしておくと、部屋の中に花粉を持ち込むことになるため、花粉症の症状が悪化してしまう可能性があります。

外出から帰ってきたら家に入る前に着ている洋服をはたき、花粉を落としてから入るように心がけましょう。外で干していた洗濯物をしまうときも同様です。

・花粉情報をチェックする

ニュースで花粉情報を毎日チェックし、花粉の飛散が多い日は外出をしない・どうしても外出しなければいけない日は、マスクやメガネなどの準備を念入りに行うといった工夫しましょう。

・帰宅後は洗顔やうがいをする

家に帰った際は、手洗い・うがいはもちろんのこと、洗顔をして目や鼻の中に入った花粉も洗い流すようにしましょう。

今回は、花粉症の時期のコンタクトレンズ対策についてご紹介しました。目の健康を優先させ、花粉症の症状がひどい場合には、コンタクトレンズの装用は控えましょう。


おすすめコンタクトレンズ・ケア用品

プロクリア ワンデー

次世代素材のPCハイドロゲルを使っているため、レンズ表面に皮脂やメイクの汚れ、花粉や細菌などがつきにくいことが特徴です。ヒアルロン酸の約2倍の保湿力があり、うるおいをキープして乾燥も防ぎます。汚れと乾燥から瞳の健康を守るコンタクトレンズです。


アクアロックスワンデー

一般的にコンタクトレンズの使用者には「目が疲れる」「汚れがつきやすい」「レンズが目に張り付きやすい」などの悩みがあるといわれています。そんな「コンタクト疲れ」の解決を目指し、7年の歳月をかけて開発された独自のシリコーンハイドロゲルを採用。高い酸素透過性と柔軟性を兼ね揃えた滑らかなレンズ表面を持つ最新レンズです。


cleadew ファーストケア

優れた消毒力を持つポビドンヨードと、汚れを落とすタンパク分解酵素を採用した、ソフトコンタクトレンズ用の洗浄液です。独自のタブレット構造で、中和忘れもなく短時間で簡単にレンズをケアできます。


【関連記事】

乾きが気になるコンタクトの対処法とは?

コンタクトレンズ次第でドライアイの悩みは解決できる!

短期間で交換する使い捨てコンタクトレンズとは



==================================================

初めてご利用の方・継続でご利用のお客様向けのお安いWEB限定割引クーポンはこちら


==================================================


▶コンタクトレンズTOPへ

カテゴリ

店舗を探す