コンタクトレンズなら全国160店舗、
会員数250万人のコンタクトレンズ専門店
コンタクトの泉

視力が落ちてしまう原因と症状の回復方法について (16022513)

昔と比べて視力が落ちてしまった方はいませんか。近視などの屈折異常になる原因は遺伝によるものが多いといわれていますが、実はそれ以外にも原因があると考えられています。

今回は、視力低下の原因と対処法についてご紹介します。

視力の低下を引き起こす原因として親からの遺伝の他にどのようなことが考えられるのでしょうか。
そんな落ちてしまった視力の様々な原因と、視力を回復させる方法をいくつか紹介します。



急に視力低下することがある?

父親や母親の目が悪いと子どもも目が悪くなりやすいと言われており、これに関連する遺伝子も見つかっています。 しかし、遺伝の場合は子どものころから視力低下が進行するため、最近になって視力が低下したという方には当てはまりません。


では、最近視力低下を感じた方にはいったいどのような原因があるのでしょうか?


すぐにパソコンやスマホなどで目を酷使したから眼精疲労だ。と考える方が多いですが、単なる眼精疲労かどうかは眼科で診察を受けないと判断がつきません。

急激な視力低下が、遺伝によるものが多いと言われる近視などの屈折異常なのか、はたまた病的な原因であるのかどうも素人ではわかりませんので、まずは眼下を受診し手遅れになることが無いようにしましょう。


その上で、眼精疲労や屈折異常という診断を受けた時は、少しでも状況を改善したい。と考える方が多いはずです。


目のピントを調節する筋肉が疲れて調節機能が鈍ってしまうと、ピントが合いづらくなり、その状態が続くと筋肉が緊張状態に慣れ、ピントを調節する機能が失われてしまいます。
その結果、ピントが合わなくなり視力が低下してしまうそうです。


そうならないために何かできる事はあるのでしょうか?



眼性疲労などで一時的に見にくくなった状態を戻したい方に

眼性疲労などで一時的に見にくくなった状態を何とか回復させたいと考えている方に視力回復方法をいくつか紹介します。


症状が軽度な方は目の疲れを取る事で視力が回復することがあるようです。
目をホットタオルで温めたり、目の周りのつぼ押しをしたりすることで疲労が取れ、視力が回復することがあります。


また、いわゆる仮性近視と言われる状態であれば目を上下左右に動かしてピントを調節している筋肉を動かすトレーニングをする事で調節機能を取り戻し、視力が回復するかもしれません。


更に視力を回復させるスマホアプリも登場しているようで、見えにくい状態を改善させたいと考える方は世の中にかなりいるのでしょう。


普段から目を使いすぎないように気をつけたり、疲れたらマッサージやつぼ押しをして癒すなどしたりして疲労を溜めないようにしましょう。


いくつか回復する方法を紹介しましたが、症状が重い方は医療機関を受診し、医師の診断のもと今の状態にあった矯正用のコンタクトレンズを使用するなどして健康で安全な日々を送りましょう。



【関連記事】

コンタクトをはずしたあと、視力が下がったように感じるのはなぜ?

コンタクトレンズとメガネの見え方の違いと度数の関係

コンタクトレンズとメガネを比較しよう!



==================================================

初めてご利用の方・継続でご利用のお客様向けのお安いWEB限定割引クーポンはこちら


==================================================


▶コンタクトレンズTOPへ

カテゴリ

店舗を探す