コンタクトレンズなら全国160店舗、
会員数250万人のコンタクトレンズ専門店
コンタクトの泉

コンタクトレンズとメガネの見え方の違いと度数の関係 (15121107)

コンタクトレンズとメガネでは見え方や度数が異なることをご存知ですか? コンタクトレンズはレンズが目にピッタリとくっついていますが、メガネの場合はレンズと目の間に距離があるため、同じ度数でも見え方が変わってきます。

コンタクトレンズとメガネには見え方に違いがあります。 コンタクトはメガネに比べて視野が広く、視界の周辺の歪みがほとんどないすっきりとした見え方が得られます。 また、汗や湯気でレンズが曇ることもありません。
今回はコンタクトレンズとメガネの見え方の違いについてご紹介します。



コンタクトレンズとメガネ、見え方の違いは?

コンタクトレンズは目にピッタリとくっついているため(実際には涙に浮いていますが)、見え方に歪みはほとんどありません。

一方のメガネはレンズと目の間に一定の距離があり、レンズの度数によっても網膜に結像される大きさに差が出るため、物の大きさが実物と異なって見えることがあるほか、歪んで見えることもあります。


また、コンタクトレンズはメガネに比べてプリズム作用が少ないこともポイントです。

プリズム作用とは、視線とレンズの中心にズレがあるとき、物が実際の位置から離れて見えてしまうことを言います。 コンタクトレンズは目の動きに合わせてレンズも動くため、常に視線とレンズの中心が離れることがなく、ほぼ正しい距離感で見ることができます。


そして、視野の違いです。

メガネだと視界の端の部分がレンズから外れてしまいますが、コンタクトレンズは黒目の中心の瞳孔部分を直接覆っているため、メガネよりも広い視野で見ることができます。 コンタクトレンズで見える視野は210度、眼鏡は120度と、その差は90度にもなるほど視野に違いがあります。



コンタクトレンズとメガネの度数の違い

コンタクトレンズとメガネではレンズの大きさや厚みにも違いがあり、同じ見え方を希望するのなら、両者の度数を同じにするのではなく、少し変わる場合が多いです。
メガネと違いコンタクトは目に直接付けるものなので、メガネに比べて一定の度数を落とすことで同様の視力にすることができます。 レンズの度数が強くなればなるほどメガネではレンズの厚みの変化が大きくなりますので、コンタクトレンズとの度数の差が大きくなります。
また、左右の度数に大きな差がある方もいると思いますが、そのような方にはコンタクトレンズが向いています。
メガネでは、左右の度数に大きく差があると物の大きさがそれぞれで違って見えてしまいますので、両眼で見たときにはブレて違和感があります。 それを「不同視」といいます。

しかし、コンタクトでは見える物の大きさが殆ど変りませんので、違和感なく見えます。


メガネは度を強くするほど、レンズが厚くなります。 特に、近視の場合にはレンズの周辺が厚くなりますので、見た目が悪くなるという面もあります。



【関連記事】

コンタクトレンズとメガネを比較しよう!

メガネっ子を卒業!コンタクトでイメチェンしよう!

意外と知らないコンタクトレンズの歴史と原理...



==================================================

初めてご利用の方・継続でご利用のお客様向けのお安いWEB限定割引クーポンはこちら


==================================================

 

▶コンタクトレンズTOPへ

カテゴリ

店舗を探す