コンタクトレンズなら全国160店舗、
会員数250万人のコンタクトレンズ専門店
コンタクトの泉

どうしよう! コンタクトレンズが張り付いてとれない時の正しい対処法! (16042806)

長時間コンタクトをつけたまま過ごし、いざ外そうとしたら「眼にレンズが張り付いてしまい対処法がわからない」と焦った経験がある方もいるでしょう。

コンタクトレンズが張り付いてしまった時、どう対処するのが正解なのでしょうか?

予防法と合わせて紹介します。

眼球にピタッと張り付いたレンズ。

それを無理やりはがして外すのは、想像しただけでも目に良くない行為ですよね。

では、どのように対処すれば良いのでしょう。 また、レンズが眼球に張り付くのを防ぐ方法はあるのでしょうか。



そもそもどうして張り付くの?

コンタクトが眼球に張り付く主な原因は眼の乾燥です。

使い捨てレンズなどのソフトコンタクトレンズには水分が含まれているのですが、長時間の使用によりコンタクトレンズの持つ水分が蒸発してしまうのです。 それに加え、コンタクトをつけることで瞬きをしても瞼の閉じ具合が不十分になってしまい、しっかりと涙を溜められなくなることもあるようです。


乾燥という点でいえば、多くの方が間違いやすいのがコンタクトレンズを着けたままお風呂に入るという行為です。 浴室は湿気たっぷりなので眼も潤うだろうと感じる人もいるでしょうが、実際はその反対です。 お風呂の熱によって眼が極度に乾燥してしまうことがあります。



これで解決!張り付いたコンタクトの対処と予防の仕方

対処法が分からずに、つい張り付いたコンタクトを無理やりはがしてしまう人もいるようですが、これは危険な行為です。

眼球を傷つけたり、コンタクトと一緒に角膜にキズをつけてしまったりする可能性があるからです。 コンタクトが眼球に張り付いてしまった時は、無理やりはがそうとしてはいけません。


まず、コンタクト用の目薬を1滴さしてから外すという行為を、コンタクトがスムーズに外れるまで繰り返し行うと良いでしょう。  また、予防法として1日に数回、人工涙液をさし瞳を乾燥から守ることが大事です。

乾燥が改善されない場合は、ドライアイの可能性もあるので眼科を受診しましょう。



【関連記事】

乾きが気になるコンタクトの対処法とは?

コンタクトレンズ次第でドライアイの悩みは解決できる!

ドライアイとは?セルフチェックできるの?



==================================================

初めてご利用の方・継続でご利用のお客様向けのお安いWEB限定割引クーポンはこちら


==================================================


▶コンタクトレンズTOPへ

カテゴリ

店舗を探す