コンタクトレンズなら全国160店舗、
会員数250万人のコンタクトレンズ専門店
コンタクトの泉

どうしよう・・・初めてのコンタクトが入らない! (16092908)

ついに憧れのコンタクト生活がスタート!と思いきや、コンタクトレンズが目に入らない…。 初めての場合は、そのような経験をする人もいるかもしれません。 そのようなときは、目の開け方や装着液などの活用で上手に入れることができます。

コンタクトを初めて使う人にとっての最初の難関は、コンタクトがなかなか目のなかに入らないこと。 コツをつかめばスムーズに装用できるようになりますが、初めのうちは手でまぶたをしっかり押さえる、手鏡を使うなどの工夫が必要です。



手鏡はコンタクトレンズ使用者の必需品!

まず、コンタクトレンズを装用する際に用意しておくべきものがあります。

それが、手鏡です。 コンタクトレンズを購入するときは必ずと言っていいほど、どこの眼科でも大きな鏡の前で装用の練習をします。 そのため、家にいるときや大きな鏡のある環境では、鏡を利用するとレンズをスムーズに装用できるでしょう。

目をしっかり開けてもなかなか装用ができない場合や、目元をもっとはっきりと近くで見たい場合には手鏡を使いましょう。


手鏡を使って装用することに慣れたら、レンズに装着液をつけて装用する方法を試してみましょう。

装着液はコンタクトレンズに潤いを与えてくれます。 そのため、レンズに装着液をつけてから装用するとつけ心地がよく、レンズの違和感を軽減してくれます。


ただし一方で、装着液で指が濡れてレンズを扱いにくく感じる場合もあるため、レンズの装用に慣れてから使用するのがおすすめです。 それと、装着液は目薬とは異なりますので、直接目に点眼するのはやめましょう。



ポイントは目の開け方!?

コンタクトレンズが入らないときは、目の開け方が十分でないことが多くあります。 レンズに慣れていないと特に十分に目を開くことが難しく、まぶたに引っかかってレンズが入らないこともあります。 そういった場合は、レンズを持っていない方の指や、両方の中指でまぶたをしっかりと開けてレンズを装用するとスムーズです。


また、コンタクトレンズを装用するときにまばたきをしてしまうと、レンズが入りにくくなります。 初心者の場合、コンタクトレンズを装用することに慣れていないため、目にレンズを入れることを無意識に怖がっていることもあります。

手順を守って装用すれば心配することはありませんので、装用するときには目をしっかり開けるようにしましょう。



今回は、コンタクトレンズを装用するときのポイントをご紹介しました。

慣れないうちはレンズを装用しにくいかもしれませんが、目を開くときに指を使ってしっかり開く、手鏡を使って近くを見る、などの対策を取ればできるようになります。 心を落ち着けてチャレンジしてみましょう。




【関連記事】

初めてのコンタクト・・・どうしても入らない

素朴な疑問!目が小さいとコンタクトは入らないの?

コンタクトを付ける練習をしてコンタクトに慣れよう



==================================================

初めてご利用の方・継続でご利用のお客様向けのお安いWEB限定割引クーポンはこちら


==================================================

 

▶コンタクトレンズTOPへ

カテゴリ

店舗を探す