コンタクトレンズなら全国160店舗、
会員数250万人のコンタクトレンズ専門店
コンタクトの泉

コンタクトレンズのDIAとは何を示す値なのか? (16103112)

「コンタクトレンズを買いたいけれど、DIAがわからず買えない!」ということはありませんか? DIAとはレンズの直径を示す値です。 コンタクトレンズはフィット感が重要です。 自分のデータを把握していない方は、まずは眼科で処方箋をもらいましょう。

コンタクトレンズを購入するときに「DIA」という文字を見たことはありませんか? この「DIA」とは一体どのような意味があるのでしょうか? ここではコンタクトレンズにおけるDIAとは何なのか、ソフトレンズとハードレンズでDIAに違いがあるのか?ということをご紹介します。

 


DIAが示す値の意味

コンタクトレンズは一般的には眼科で診察を受けて処方箋をもらい、そこに併設されているお店で購入します。

しかし、忙しくて時間がないからインターネット販売を利用するという方もいるでしょう。 その場合、自分のデータが必要になるのですが、そのひとつにDIAというものがあります。 DIAとは、レンズの直径を示す値のことです。

使い捨てソフトコンタクトレンズの場合には、DIAの値は商品の箱に必ず載っています。 市販品のDIAはだいたい一種類のものが多いですが、数種類の大きさのレンズもあります。

ただし、カラーコンタクトの場合はDIAの値が大きいほど黒目を大きく見せるので、目安としてチェックしましょう。

自然に瞳の色を変えたいのか、それとも瞳を大きく見せたいのか、種類豊富なカラーコンタクトの商品から購入するにあたりDIAは選ぶ基準のひとつとなります。

 


ソフトレンズとハードレンズでの違い

ソフトコンタクトレンズは縦14.0mm~横14.2mmと瞳より大きく作られていて、ソフトコンタクトレンズのDIAはこの値が多いようです。

一方、ハードコンタクトレンズは黒目より小さく、縦8.8mm~横9.0mmのサイズが多いようです。


日本人の黒目の平均直径は、縦11.0mm~横12.0mmとされています。

DIAの値が大きければ大きいほど目がレンズに覆われる部分が広くなるので、酸素透過性を重視するならハードコンタクトレンズを選ぶと良いでしょう。

ソフトコンタクトレンズの場合は素材とイオン特性、含水率によって酸素透過性が変わるので購入するときはよく確認してください。

 

初めてコンタクトレンズを使う方は、まずコンタクトレンズを扱っている眼科に行くことをおすすめします。処方箋から自分のデータを正確に把握でき、コンタクトレンズの扱い方も丁寧に教えてもらえるので安心です。




【関連記事】

ナチュ盛り!自然なサークルレンズのカラコンとは

コンタクトの乱視度数どうやって知るの?

素朴な疑問!目が小さいとコンタクトは入らないの?



==================================================

初めてご利用の方・継続でご利用のお客様向けのお安いWEB限定割引クーポンはこちら


==================================================

 

▶コンタクトレンズTOPへ

カテゴリ

店舗を探す