コンタクトレンズなら全国160店舗、
会員数250万人のコンタクトレンズ専門店
コンタクトの泉

つけているとだんだん眠くなる? コンタクトと眠気は関係があるの? (16103115)

コンタクトレンズを装用していて眠くなってきたら、眠気を覚ます対策を実践してみてはいかがでしょう。 目を動かすストレッチや保湿作用のある目薬をさしたり、疲れを軽減するためにコンタクトレンズを交換したりするといった方法があります。

なぜ装用中に眠くなるのか

コンタクトレンズを装用していると、眠くなることがあります。 その原因として考えられるのが、目の疲れです。 ものを見るとき、ピント調整をする際に毛様体筋という目の筋肉を使いますが、コンタクトレンズの種類によっては、装用中は裸眼のときよりも毛様体筋を酷使するので目の疲れが溜まりやすくなってしまいます。

また、目の乾燥も原因に当てはまります。 コンタクトレンズの装用中は、涙の量が少なくなって目が乾燥しやすくなります。 目の乾燥に伴い無意識にまぶたを閉じるようになり、それが眠気につながるのです。


コンタクトレンズが自分の目と合わないために、目の負担が大きくなって疲れることもあります。 コンタクトレンズの装用で眠気を感じてきたら、眠気を覚ます対策を実践しましょう。


目の疲れは、目をゆっくり動かすストレッチが効果的です。 乾燥していたら、保湿作用のある装着液や目薬を使用したり、室内の湿度を調節しながら適度な湿度を保ったりしましょう。

コンタクトレンズが合わないときは、レンズを変えるのも一つの方法です。 汚れによって装用感が悪化し目が疲れているときは、毎日新しいものを使う一日使い捨てタイプのコンタクトレンズをつけるのも良いでしょう。



眠気に負けてつけたまま・・・は厳禁

眠気に負けてコンタクトレンズをつけたまま眠ると、目の健康に悪いのでやめましょう。

たとえ数分の昼寝であっても、コンタクトレンズをつけたまま眠ると角膜が酸欠を起こします。 角膜は寝ている間も酸素を必要としていますが、コンタクトレンズをつけたままだと酸素不足になり、長い間それを続けていると次第に角膜の細胞が失われて透明度が下がってしまい、いずれは視界が濁ってしまうこともあります。

また、眠っている間は目を閉じていても眼球が動くので、コンタクトレンズがずれて目を傷つけてしまうこともあります。


コンタクトレンズをつけたままで眠ってしまったら、目薬を差すなどして目を潤してから外しましょう。 無理に外そうとすると角膜を傷つけてしまうので、コンタクトレンズが外しにくい場合は眼科の受診をおすすめいたします。


今回は、コンタクトレンズと眠気の関係について紹介しました。 目の健康を長く保つためにも、眠る前には必ずコンタクトレンズを外しましょう。



ドライアイが原因の場合も。そのようなときはどうすれば良い?

コンタクトレンズの装用者がかかりやすいのが、ドライアイです。ドライアイの人は、日中に眠気に襲われた経験がある人もいるかもしれません。空気が乾燥したオフィスに長時間いる、パソコン画面を見て作業する時間が長い、スマートフォンで小さな字を見る機会が多いなどの場合、まばたきの回数が少なくなり涙の分泌量が足りなくなったり、涙が乾いてしまったりするため、ドライアイの症状につながることがあります。

そうなると、防衛本能として体が目を守ろうとして、まぶたが下がりやすくなる、目が疲れやすくなるなどの現象から、結果として眠気が起こりやすくなってしまいます。

コンタクトレンズの装用時に起きる眠気を防ぐ対策として、パソコンを使うときはモニターを目線の下に来るように設置すると、目が乾燥しにくくなります。また、コンタクトレンズ用の目薬の活用や、睡眠時間を十分とって目を休ませてあげることも効果的です。加湿器を使い、部屋が乾燥しないようにする工夫もおすすめです。


レンズを外したときに眠気がくることも。どうして?

コンタクトレンズの装用時ではなく、外したあとに眠気が起きる、というケースもあります。その理由としては、以下のケースが考えられます。

①レンズの度数や種類、素材などが合っていない

コンタクトレンズを初めて装用する際には、必ず眼科医の診断を受け、処方に基づいたレンズを購入することになっています。しかし、装用後に視力が下がった場合、現在の度数が合わなくなっていることもあります。また、人によってはレンズの種類や素材などが目になじまず、合わないことが原因で目が疲れ、眠気につながっていることも考えられます。

定期的に眼科の検査を受け、視力が下がっている場合は医師の診断に基づいて度数を変える、レンズの種類や素材が合わない場合は眼科医や販売員に相談するなど、早めに対策をとるようおすすめします。


②コンタクトレンズの装用に慣れていない

コンタクトレンズはメガネとは違い、直接目のなかに入れるため、装用をスタートして間もない人の場合、慣れずに目が疲れてしまうこともあります。無意識のうちに目に負担がかかっていることから、眠気につながることがあります。

実際に、コンタクトレンズを装用していると、裸眼に比べて目が乾いたり、涙の量が不足しがちになったりすることがあります。目の疲れを感じたら装用時間を短くする、メガネで過ごす日を作るなどするとよいでしょう。そのほかにも、まばたきの回数を増やす、目薬を使うよう心掛け、大切な目を守りましょう。


眠気に負けてつけたまま・・・は厳禁

眠気に負けてコンタクトレンズをつけたまま眠ると、目の健康に悪いのでやめましょう。
たとえ数分の昼寝であっても、コンタクトレンズをつけたまま眠ると角膜が酸欠を起こします。角膜は寝ている間も酸素を必要としていますが、コンタクトレンズをつけたままだと酸素不足になり、長い間それを続けていると次第に角膜の細胞が失われて透明度が下がってしまい、いずれは視界が濁ってしまうこともあります。
また、眠っている間は目を閉じていても眼球が動くので、コンタクトレンズがずれて目を傷つけてしまうこともあります。

コンタクトレンズをつけたままで眠ってしまったら、目薬をさして目を潤してから外しましょう。無理に外そうとすると角膜を傷つけてしまうので、コンタクトレンズが外しにくい場合は眼科の受診をおすすめいたします。

今回は、コンタクトレンズと眠気の関係について紹介しました。目の健康を長く保つためにも、眠る前には必ずコンタクトレンズを外しましょう。


中央コンタクト☆おすすめ商品

My Day

「酸素透過性」と「うるおい」、「やわらかさ」の全てが備わったスマートシリコーン素材のコンタクトレンズです。高い保水力を持つ親水性シリコーンでレンズのうるおいを保ち、酸素もしっかり届くため、充血といった症状も防いでくれます。


デイリーズ トータル ワン

「高い酸素透過性」と「高い含水率」を叶えるコンタクトレンズです。独自設計の水分三層レンズで「うるおい」や「なめらかさ」を持続させ、まばたき時の負担を軽減しています。より快適なつけ心地が実感できます。


デイリーズアクア コンフォートプラス

「PVA(ポリビニルアルコール)」といううるおい素材を採用した1日使い捨てタイプのコンタクトレンズです。約70%が水分という素材に加え、保存液には新うるおい成分(HPMC・PEG)を配合しているため、装用した瞬間から快適性を保ちます。


【関連記事】

目に疲れが出てくる・・・それってコンタクトレンズが原因なの?

あなたの眼精疲労の原因は?

まぶたのたるみをしっかり対策!いつまでも若々しい目元に!



==================================================

初めてご利用の方・継続でご利用のお客様向けのお安いWEB限定割引クーポンはこちら


==================================================


▶コンタクトレンズTOPへ

カテゴリ

店舗を探す