コンタクトレンズなら全国160店舗、
会員数250万人のコンタクトレンズ専門店
コンタクトの泉

飛行機ではコンタクトレンズを外すべき?

旅行や出張、実家に戻るときなど、飛行機に乗る機会があるという人は少なくないでしょう。 飛行機の機内は乾燥しているため、コンタクトレンズを装用する場合は普段以上に乾燥に気を付けることが大切です。 また、長時間のフライトの場合にはめがねとの併用も考慮しましょう。

コンタクトレンズを装用したまま飛行機に乗る場合、乾燥していることが多いので目薬を持ち込むことをおすすめします。 装用したまま眠ることや、装用時間を守らないことは絶対に避けましょう。 フライト中のみめがねにする方法もあります。

 

 

長時間フライトの場合に考えられる症状とは?

長時間飛行機に乗る場合、人によっては日常生活と異なる症状が現れることがあります。 乗り物酔いによる吐き気のほか、気圧の変化で一時的に耳や頭が痛くなったり、身体の器官の空気が膨張することによりお腹の張りを感じたり、治療中の歯に痛みを感じたりすることがあります。 病気の治療中などの場合には、できるだけ事前に治しておくことをおすすめします。


また、飛行機の機内は地上と比べて湿度が20~25%と低く、非常に乾燥しています。 そのため、口や喉が乾くことも少なくありません。同様に、コンタクトレンズを装用している人で、普段はあまり目の乾きを感じないという人でも、飛行機内では乾燥してしまい、目のかゆみや充血などの症状が出ることがあります。 乾燥を防ぐ対策としては、水分をこまめにとる、マスクをして乾燥から喉を守る、点眼薬をさして目にうるおいを与える、などの方法があります。



海外へ行く場合は注意が必要!

 国内の場合、飛行機に乗っている時間は数時間程度であることがほとんどですが、海外へ行く場合にはフライト時間が長いことも珍しくありません。 なかには10時間以上のフライトになることもあるでしょう。


そのような場合、コンタクトレンズを装用していると、フライト中に装用時間を過ぎてしまうことや、長時間のフライトに疲れ、コンタクトレンズを装用したまま眠ってしまうことがあり危険です。 海外へ行くときは、コンタクトレンズの装用はやめてめがねにした方が良いかもしれません。 もしくは、コンタクトレンズを装用する場合は必ず装用時間を守り、乾燥させないよう注意し、眠るときには必ず外すなどの工夫をすることが大切です。 ワンデータイプ以外のコンタクトレンズの場合、機内では装用後のケアも忘れずに行いましょう。



海外へ行く場合、予備のコンタクトレンズは手荷物がおすすめ

海外旅行に予備のコンタクトレンズを持っていくときには、できるだけ手荷物として機内に持ち込むことをおすすめします。

 

なぜなら海外の空港では、預けたスーツケースが紛失されてしまう「ロストバゲージ」が起こる可能性があるからです。ロストバゲージは後から見つかることも十分ありますが、視力が悪い人はその間もずっと裸眼で過ごさなければならず、不便に感じられるでしょう。また、ロストバゲージとまではいかなくても荷物の到着が遅延する可能性もあります。

 

紛失したものが衣類や化粧品であれば現地で購入することもできますが、医薬品であるコンタクトレンズはそう簡単にはいきません。海外と日本ではコンタクトレンズの購入基準が異なりますし、自分の目にあったレンズが見つからない可能性があります。日本同様に眼科医院の診察を受けなければ購入できない国も多く、外国語で医師の診察を受けるのも大変なことです。

 

日本とは製品の基準や薬事法も異なるため、購入する際にも注意が必要。楽しい旅行も目も含めた体調が万全でなければつまらないものになってしまうので、極力手荷物の中に入れて身の回りから離さないようにしましょう。



洗浄液の持ち込みについて

 

 ワンデータイプ以外のコンタクトレンズを装用している場合、洗浄消毒液がなければ機内でコンタクトレンズを外すことができなくなってしまうため、忘れずに手荷物に入れましょう。


基本的に、国内線に乗るときは洗浄液の持ち込み制限などはありません。 ただし国際線の場合、コンタクトレンズの洗浄保存液は医薬品扱いとなり、持ち込みはできますが量が定められているため注意が必要です。  機内に持ち込める液体の量は100ml以下で、プラスチック容器に入れ替える必要がありますが、コンタクトレンズの洗浄液に関しては例外扱いとなります。 ただし荷物検査の際には、検査員に申し出る必要があります。

機内に携帯用の洗浄液を持ち込んだり、機内でケアをするのが面倒な人は、ワンデータイプのコンタクトレンズがおすすめです。 ケアは必要なく捨てるだけで良いので、機内での手間がなくなります。



洗浄液、保存液は現地でも手に入る。ただし…

ソフトコンタクトレンズの洗浄液は、多くの国で販売されているものです。日本でもおなじみのコンタクトレンズメーカーの洗浄液も販売されているので、安心して購入できます。そして洗浄液は日本同様に、薬局やドラッグストア、ショッピングモール内のメガネショップなどで簡単に購入可能です。

 

そのなかには海外メーカーの洗浄液もありますが、こちらを購入するときには少し注意が必要。日本の洗浄液とは違って、コンタクトを取り出した後に洗わなければならないものが少なくありません。それを知らずにそのまま目に入れてしまうと、かなりの痛みを感じる可能性がありますので、必ず説明書きを読んでから購入するようにしてください。

 

また、コンタクトレンズの洗浄液は国や地域によって、日本との価格差が大きく、特にヨーロッパは高額と言われています。薬事法も日本とは異なりますので、コンタクト同様に洗浄液も日本から持っていくのが無難です。

 

日本ではハードコンタクトレンズユーザーも一定数存在しますが、世界的に見るとハードの使用者はごくわずか。そのためハードコンタクトレンズ用の洗浄液は、ほとんど海外では販売されていません。海外で洗浄液を使い切ってしまうと入手困難の状態になるため、ハードコンタクトレンズユーザーは必ず洗浄液を持参しましょう。



乾燥しないように目薬を持って行こう

飛行機の機内や降りた後も快適に過ごすために、目を乾燥させないよう心掛けることが大切です。

コンタクトレンズを装用したまま飛行機に乗る場合、機内に点眼薬を持ちこむことをおすすめします。 点眼薬もコンタクトレンズの洗浄保存液と同じように医薬品扱いとなるため、国内線・国際線ともに、容器の移し替えなどをしなくても持ち込みが可能です。 こちらも、検査官に機内で使用する旨を伝えましょう。

注意点として、通常の点眼薬ではなく、必ずコンタクトレンズ用の点眼薬を選ぶようにしてください。 治療目的などの通常の点眼薬を使用すると、レンズが薬剤の成分で汚れてにごったり、変形したりしてしまうおそれがあります。



今回は、飛行機内でのコンタクトレンズの装用についてご紹介しました。 機内でコンタクトレンズを装用する場合は、洗浄液とレンズケース、目薬、予備のめがねなどを持ち込みましょう。 もしくは、飛行機を利用するときだけワンデータイプのレンズを使うこともおすすめです。




【関連記事】

 乾きが気になるコンタクトの対処法とは?

 コンタクトレンズ次第でドライアイの悩みは解決できる!

 健康にも美容にも目の潤いは大事!



==================================================

初めてご利用の方・継続でご利用のお客様向けのお安いWEB限定割引クーポンはこちら


==================================================


▶コンタクトレンズTOPへ


カテゴリ

店舗を探す