コンタクトレンズなら全国160店舗、
会員数250万人のコンタクトレンズ専門店
コンタクトの泉

メガネに慣れない…違和感の原因は一体何? (16082212)

「せっかくメガネを作ったのになぜか慣れない」「メガネを新しいものに変えたら、違和感がある」という場合、度数が合っていない、球面レンズで景色がゆがむことが原因かもしれません。 ゆがみや違和感が拭えない時はコンタクトレンズに替えるのも一手です。

視力矯正のためにメガネを掛けているけれど、すぐレンズが曇って周りが見えなくなる、何だかゆがんで見える・・・そんな悩みがあると、視力矯正はおろかそのことが気になって仕方ありませんよね。 どうしてこんなことが起こるのか、解決するためにはどうすればよいのかを見ていきましょう。



メガネに違和感を覚えるのはなぜ?

メガネの場合、掛けていて違和感があるのにはいくつか理由があります。 まず、「レンズの度数が合わない」というケース。 しばらく掛けていても慣れない場合には、再度店舗に行って度数を変更してもらうことで改善されます。 また、フレームの種類やメーカーなどを変更した場合でも、メーカーごとにつくりや幅が異なるため、これまでとは違う感覚になることがあります。


ところで、レンズには球面レンズと非球面レンズがあります。 球面レンズの場合、人によっては景色がゆがんで見えることがあります。 非球面レンズの場合、レンズも薄くなり、球面レンズに比べてゆがみを軽減することが可能になります。 メガネに違和感を持つ場合には、度数やレンズの種類などが原因の可能性がありますので、気になる場合は店舗で相談してみるとよいでしょう。



その違和感、コンタクトレンズで解消しよう!

レンズのゆがみをそのままにしておくと、目が疲れるだけでなく頭痛などの症状が起きてしまうこともあります。 コンタクトレンズにすれば、メガネを掛けている時のような違和感はなくなります。 コンタクトレンズは目の中に直接入れるため、メガネのようにレンズのゆがみが起きることもありませんから、見やすくクリアな視界を保つことが可能です。 また、コンタクトレンズにはフレームがないため視界を遮られることもなく、スポーツや車の運転時にも安心です。


また、メガネの場合は汗をかくとレンズが曇るほか、雨などでレンズが濡れて見えにくくなることがあります。 コンタクトレンズの場合は、そのような心配もありません。 メガネをかけるとどうしても違和感がある、という方はコンタクトレンズに変えてみるのも一つの手ではないでしょうか。


今回は、メガネと違和感の関係性についてご紹介しました。 どうしても掛けているメガネが合わない場合は、コンタクトレンズに変えてみるのもよいかもしれません。




【関連記事】

メガネをかけたときの違和感の正体は?!

つらい…メガネをかけた時に感じるあの圧迫感

「とにかくずれる!」意外と多いメガネ派の悩み




==================================================

初めてご利用の方・継続でご利用のお客様向けのお安いWEB限定割引クーポンはこちら


==================================================


▶コンタクトレンズTOPへ

カテゴリ

店舗を探す