コンタクトレンズなら全国160店舗、
会員数250万人のコンタクトレンズ専門店
コンタクトの泉Useful information

コンタクトの知識

いつまでもカラコンを使いたい!遠近両用カラコンの魅力を紹介

カラコン(カラーコンタクトレンズ)の使用に年齢制限はありません。しかし、「手もとが見づらくなってきた」「眼科で老眼を指摘された」などの理由で、カラコンの使用をあきらめている方もいるのではないでしょうか。


そのような方におすすめなのが、遠近両用カラコンです。遠近両用カラコンなら近くも遠くも見やすくなり、瞳の印象を変えることもできます。ただし、いくつかのデメリットがあることも把握しておかなければなりません。


この記事では、遠近両用カラコンの魅力や注意点、購入方法などを解説します。


コンタクトの知識

乱視でもカラコンは使える?乱視用カラコンの基礎知識と選び方

「乱視だけれど、カラコン(カラーコンタクトレンズ)を楽しみたい」と思っている方は少なくないでしょう。


しかし、乱視用カラコンは普通のカラコンと異なる点が多数あります。実際、乱視用カラコンを選ぶ際には特別なレンズデータが必要です。そして、目の健康を守るためには、いくつかの点に注意しなければなりません。


この記事では、乱視用カラコンを楽しむための基礎知識や、目に合う製品を選ぶ方法を紹介します。乱視用カラコンを正しく選んで瞳のおしゃれを楽しみたい方は、ぜひ参考にしてください。

コンタクトの知識

初めてのコンタクトレンズ!作り方は?購入までの流れを徹底解説(2309更新)

「コンタクトレンズを使ってみたい!」と思っているものの、購入までの流れがわからず、悩んでいる方もいるのではないでしょうか。


コンタクトレンズの購入は、慣れてしまえば難しいものではありません。ただし、眼科で購入する場合と専門店で購入する場合では、流れが少し異なります。また、コンタクトレンズを初めて使う際には、装用時間に注意しなければなりません。


そこで今回は、コンタクトレンズを初めて購入する方に向けて、コンタクトレンズのメリットやデメリット、購入までの流れ、装用時間に関する注意点を解説します。

コンタクトの知識

カラコンは目に悪い?起きやすいトラブルと安全に使うコツを解説(2302更新)

カラコン(カラーコンタクトレンズ)愛用者が増加するにつれて、目の異常を訴える人も増加しています。とはいえ、すべてのカラコンが目に悪いわけではありません。安全な製品を選んで適切に使用すれば、目のトラブルを防ぐことは可能です。


あなたは安全なカラコンを選んでいますか。カラコンを正しく使っていますか。


この記事では、カラコンが「目に悪い」と言われる理由に迫り、注意すべき目のトラブルと安全に瞳のおしゃれを楽しむ方法を解説します。

コンタクトの知識

コンタクトレンズの酸素透過率とは?目の酸素不足を防ぐ方法も併せて解説

コンタクトレンズを購入するためには、度数やBC(ベースカーブ:レンズの曲がり具合)、DIA(レンズ直径)などのレンズデータが必要です。しかし、目に優しいコンタクトレンズを選ぶためには、「酸素透過率」にも注意しなければなりません。


それでは、酸素透過率はどうやって確認すればよいのでしょうか。


この記事では、コンタクトレンズの酸素透過率の重要性や、酸素透過率の低いレンズの危険性、目の酸素不足を防ぐ方法などを解説します。酸素透過率が高いコンタクトレンズのタイプや酸素透過率を確認する方法も紹介するので、購入時に役立ててください。

コンタクトの知識

初めてのカラコン!基礎知識から購入方法、安全に使うための注意点まで徹底解説

カラコンは、気軽に目もとの印象を変えられる人気のアイテムです。しかし、目に直接装用するため、初めての購入に不安や戸惑いを感じる方もいるかもしれません。


そのようなカラコン初心者の方に向けて、購入前に知っておくべき基礎知識や購入までの流れ、安全に使うための注意点などを解説します。


カラコンを失敗せずに購入するポイントも紹介するので、カラコンが初めての方はもちろん、カラコン選びに自信がない方もぜひ読んでみてください。

コンタクトの知識

コンタクトレンズのメリット・デメリットとは?メガネとの違いも解説

「コンタクトレンズに興味はあるけれど、視力を矯正するだけならメガネで十分」と思っている方もいることでしょう。


たしかに、コンタクトレンズもメガネも視力矯正アイテムという点では変わりはありません。しかし、コンタクトレンズにはメガネでは得られないメリットがたくさんあります。一方で、メガネとは異なる注意点があることも知っておかなければなりません。


今回は、コンタクトレンズのメリット・デメリットをメガネと比較しながら紹介します。どのような場合にメガネよりコンタクトレンズが向いているのかも解説しますので、メガネにしようかコンタクトレンズにしようか迷っている方はぜひ参考にしてください。

コンタクトの知識

コンタクトレンズを外したら欠けていた!原因と破損を予防する方法を解説

コンタクトレンズはとても薄い素材でできているため、破れたり欠けたりするのは珍しいことではありません。しかし、破れや欠けのあるコンタクトレンズを使用すると、目の充血や痛みなどをまねくおそれがあるため、大変危険です。


もちろん、装用前にコンタクトレンズの異常に気付けば、すぐに廃棄して新しいレンズを用意できるでしょう。注意しなければならないのは、コンタクトレンズ装用中の破損です。「コンタクトレンズを外したら欠けていた!」といった事態を防ぐためには、どうすればよいのでしょうか。


今回は、コンタクトレンズが欠けたり破れたりするおもな原因と外したときに欠けていた場合の対処法、そして装用中の破損を防ぐ方法を解説します。

コンタクトの知識

コスパ抜群のコンタクトレンズ3選!年間の費用目安やコスパを良くするコツも解説

快適な視界が得られ、見た目の印象もアップするコンタクトレンズは、メリットの多い視力矯正ツールです。そのため、「コンタクトレンズなしでは過ごせない」と考えている方も多いのではないでしょうか。


しかし、コンタクトレンズは定期的な交換が必要で、商品によってはケア用品も用意しなければなりません。コンタクトレンズにかかる諸費用を抑えるためには、どのような点に注意すればよいのでしょうか。


そこで今回は、コンタクトレンズにかかる年間費用の目安のほか、コスパを良くするコツや避けるべきNG行為を解説します。

コンタクトの知識

コンタクトレンズの使用期限とは?使用期間との違い、期限を守るべき理由を解説

コンタクトレンズは、消耗品です。特に、ワンデータイプや2ウィークタイプ、マンスリータイプはこまめに買い足さなくてはならないため、セール時などに買いだめしている方も多いのではないでしょうか。


しかし、コンタクトレンズには使用期限があります。「少しぐらい切れてもいいでしょ?」と思うかもしれませんが、期限切れのコンタクトレンズを使用すると眼障害をまねき、失明する場合もあるのです。


それでは、コンタクトレンズの使用期限はどうやって確認すればいいのでしょうか。本記事では、使用期間との違いや、期限を守るべき理由を詳しく解説します。

コンタクトの知識
123456 ... 12

カテゴリ

トップページへ
上に戻る
COPYRIGHT c CHUO-CONTACT.
ALL RIGHTS RESERVED.